分離不安障害ブンリフアンショウガイ

分離不安障害はどんな病気?
分離不安障害とは子供に発症することが多く、性差はほとんどありませんが小学校に上がる年頃に多いです。分離不安は小児の発達途中で見られる正常の現象と言われています。本人の気質、家庭環境や辛い体験などが複合的に関与して起こると考えられています。親への依存が強かったり、新しい環境に踏み出すことが困難だったり、親が過保護であるなどの原因がほとんどではないかと言われています。


分離不安障害の症状
分離不安障害は乳幼児期から学童期にかけて発症することが多い精神疾患で、母親やそれに準ずる存在に依存することから始まり、物理的・心理的不安から頭痛、腹痛、吐き気などの自律神経系の身体症状、問題行動(乳幼児への退行、夜尿、執拗な甘えなど)、さらには抑うつ、怒り、無気力、不登校などの精神的な病気を引き起こすことがあるものです。

分離不安障害の原因
分離不安障害の原因は、一般的に、親子の愛情の不安定さや、こどもと親の各々が持つ固有の要素が複雑に絡み合って発症するものとされています。親が過保護・過干渉であったり、親からこどもへの執着が異常であったり、こどもが親への依存が強かったりするのも要因になります。また、ペットの死、転居や転校などの生活上のストレスがきっかけとなり、障害が発症することもあります。

分離不安障害の検査と診断
分離不安障害は、家族や強い愛着のある人から分離することに対して強い不安や苦痛を伴うものであり、心理社会的な要因と遺伝的要因があります。そのため、人によって症状や強さなどが違うので、検査方法としては、まず、医師が小児や親から特有の症状を聞くなどの問診を行い、それから標準化された検査用の臨床アンケートをもとに検査が行われます。

分離不安障害の治療方法
分離不安障害の治療法は、親が子供の不安をケアしていくのが一般的です。精神障害の一種であるため、周囲の人間のケアによって進行具合、あるいは回復具合は変わることが多いです。遊戯療法、認知行動療法で治療を試みるケースもありますが、根本的には親の対応が重要となります。そのため親へのカウンセリングを行っていく場合もあり、子供の状態を意識しながら対応していった方が良いです。

分離不安障害の初診に適した診療科目

分離不安障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ