皮膚感染症ヒフカンセンショウ

皮膚感染症はどんな病気?
皮膚感染症とは、皮膚が免疫系の異常(HIV感染症など)や末端の血流の異常(糖尿病など)、皮膚刺激、損傷などによって抵抗力が落ちた結果、感染の原因となる細菌を防ぎきれなくなり引き起こされる病気です。普段肌を損傷から守って清潔にしていれば防げますが、感染症にかかり発熱や疼痛を感じたら抗生剤や抗菌剤を服用して治療をはかります。

皮膚感染症の症状
皮膚感染症の症状は、原因によって多々挙げられますが代表的なものとしては、皮膚の発疹、発熱、痛みが挙げられます。また、水ぶくれができることもありこれに伴い痒みが発生する場合もあります。この痒みによって掻いたりして悪化してしまうと炎症を引き起こす場合もありますので注意が必要です。程度によっては頭痛や吐き気を感じる場合もあります。

皮膚感染症の原因
皮膚感染症は、一般には身体や生活環境中に存在する感染性微生物、すなわち細菌・真菌・ウイルス・寄生虫の感染・寄生によって引き起こされると考えられています。すなわち、この病気の原因は、我々の生活圏に存在する感染性微生物にあるのです。なお、この病気の特徴として、病原となる微生物の病原性が弱いことが挙げられます。また、この病気は我々の身体そのものに起因している場合も多いです。

皮膚感染症の検査と診断
皮膚感染症の検査方法にはほとんどのケースで、感染が起こっている部分の皮膚組織を採取してそれを細胞レベルで調べるという方法がとられます。皮膚に直接的な異変が見られないタイプの感染症では、血液検査によってその原因を追及することになります。前者の場合での皮膚組織の採取の方法は簡単なもので痛みを感じずに受けられる検査が多いです。

皮膚感染症の治療方法
皮膚感染症といってもいろいろな種類がありますので、原因となる細菌やウイルスの種類によって、その治療法は異なると考えられますが、原則的には原因となるウイルスや細菌などを除去する薬剤を塗布したり、服用したりすることによって治療を行うことになります。早期に決定した治療をおこなわなければ、慢性化してしまうようなケースもあります。

皮膚感染症の初診に適した診療科目

皮膚感染症の専門外来

皮膚感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ