膝半月板損傷ヒザハンゲツバンソンショウ

膝半月板損傷はどんな病気?
膝の半月板が損傷する症状です。


膝半月板損傷の症状
半月は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨様の板で内側・外側にそれぞれがあり、クッションとスタビライザーの役割をはたしています。これが損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

膝半月板損傷の初診に適した診療科目

膝半月板損傷の専門外来

関連部位から他の病名を探す

膝半月板損傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ