斜角筋症候群シャカクキンショウコウグン

斜角筋症候群はどんな病気?
斜角筋のうち、前斜角筋と中斜角筋の間には、斜角筋隙とよばれるすきまがあります。ここには、鎖骨下動脈と腕神経叢が通っています。上肢の拳上を繰り返すことなどにより斜角筋が肥大すると、斜角筋隙内で鎖骨下動脈や腕神経叢が圧迫されることがあり、このことにより生じる痛みやしびれ、血行障害などの症状のことを、斜角筋症候群と呼びます。


斜角筋症候群の症状
斜角筋症候群の症状は、肩こり、手や腕の痺れ、手の血行不良、冷え、だるさなどが挙げられます。重度になると、耳鳴りやふらつき、後頭部から耳や口までにおよぶ痺れが起こります。なで肩の女性に多い病気とみられていますが、男性にも多く発症しています。背中を丸くした低姿勢や、重い荷物を片側だけで持つ場合など、片側だけに決まった体勢を長くとることによって起こります。

斜角筋症候群の原因
斜角筋症候群の原因は、斜角筋の肥大による神経や動脈の圧迫によって起こります。首筋の前斜角筋と中斜角筋の間には、斜角筋があります。そうして斜角筋の隙間を鎖骨下動脈と腕神経叢が通ります。腕の上げ下げなどの頻繁な動作によって斜角筋が肥大すると、斜角筋の隙間を通る鎖骨下動脈や腕神経叢を圧迫し、痺れなどの病状を発症させることになります。

斜角筋症候群の検査と診断
斜角筋症候群における代表的な理学検査方法に、アレンテスト、アドソンテスト、モーリーテスト、ハルステッドテスト、ルーズ3分間挙上負荷テストがあり、胸郭出口症候群の他の症例に比べ、群を抜く検査の種類を誇る特徴があります。このうち、アレンテスト、アドソンテスト、およびハルステッドテストでは、橈骨動脈を観察し、脈拍の減弱、あるいは消失がないか確認が可能です。

斜角筋症候群の治療方法
斜角筋症候群とは、胸郭出口部分で血管や神経が圧迫され血流障害が起き、上肢に痛みやしびれが生じる病気です。この病気の治療法は、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などで症状を和らげる薬物療法や、神経ブロック注射により痛みを抑える方法があります。痛みが治まったら、筋肉トレーニングにより首や肩の筋力をアップさせることも大切です。これらの治療で改善が見られない場合は、外科的手術を行います。

斜角筋症候群の初診に適した診療科目

斜角筋症候群の専門外来

斜角筋症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ