痛風ツウフウ

痛風はどんな病気?
どんな病気かというと、高尿酸血症が原因で引き起こされる、関節の事です。大人であっても歩けないと感じてしまうほどの痛みが発生し、これを痛風発作と呼びます。1週間から10日で症状は治まりますが、ここで油断をすると一年ほどで再発し、繰り返す度に期間がどんどんと縮まっていきます。足の関節だけではなく、腎臓などの内臓にも影響を与えます。


痛風の症状
痛風の症状には関節炎があり、痛みや腫れを引き起こします。特に尿酸が結晶化しやすくなっている足の親指が好発部位となっています。炎症による痛みは極めて強く、発作時には歩くことも困難となります。尿酸値を高いままにしておくと尿酸結晶が腎に蓄積され、腎障害へと進行します。この腎障害では尿酸結石が出来やすくなるため、腹部の痛みを引き起こします。

痛風の原因
痛風の原因としては、高尿酸血症が主なものとされています。高尿酸血症とは、血液中の尿酸の濃度が上昇して体内に蓄積され、ナトリウムと塩を作り結晶化し、それが関節の内面に沈着することです。尿酸値が急激に低下した場合にも起こるといわれています。他には、プリン対の過剰摂取や精神的ストレス、水分の摂取不足などがあります。また、近年の研究で、腸の働きによって引き起こされる可能性もあると考えられています。

痛風の検査と診断
痛風の検査方法は、まず血液中の尿酸値を計るために血液検査を行います。脚などに腫れが認められる場合は他の病気の可能性を視野に入れつつレントゲン写真を撮って判断材料にすることも少なくありません。また、突然初期症状を感じたが仕事上予定が合わず病院に行くことができない、ときには、輸送で検査ができるキットを使うという手段もあります。

痛風の治療方法
痛風の治療法はそのケースごとに異なります。発作が起こると事前に感じた時には、コルヒチンを内服することで発作を予防ができるのです。いったん発作が起こってしまったときには、非ステロイド性抗炎症剤で痛みを鎮めます。痛みが激しい場合には副腎皮質ステロイド剤の使用、もしくは関節内注射で対処するするケースもあります。日常的には高尿酸血症改善のための投薬治療が行われます。

痛風の初診に適した診療科目

痛風の専門外来

痛風に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ