上腕骨外側上顆炎ジョウワンコツガイソクジョウカエン

上腕骨外側上顆炎はどんな病気?
上腕骨外側上顆炎とは、テニス肘と呼ばれ、テニスなどのラケットを使うスポーツをしている人がなるものです。バックハンドストロークによりなるものなので、バックハンドテニス肘と呼ばれます。内側の骨にできる場合はフォアハンドテニス肘といいます。主な症状としては、肘を曲げ伸ばししたときや、緊張したときなどに、肘や前腕に痛みがあるものです。


上腕骨外側上顆炎の症状
上腕骨外側上顆炎はテニス肘とも言われ、安静時に痛みはないものの物をつかんで持ち上げたり、濡れたタオルを絞ったりすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが発生します。上腕骨外側上顆とは腕の骨の中でも肘の部分に位置する太めの部分で、そこには手首を手の甲に引っ張る筋肉がついています。手首や手の指を使いすぎることでそこが炎症を起こしこのような症状が起こります。

上腕骨外側上顆炎の原因
上腕骨外側上顆炎の原因ははっきりと解明はされていませんが、加齢による筋力の低下や、スポーツによる手首や肘の使いすぎなどから筋の変性・炎症が慢性的に起こった結果、引き起こされるとされています。この疾患はテニスをしている人に多い疾患であることから、テニス肘とも呼ばれていますがパソコンワークをしている人にもみられる疾患です。

上腕骨外側上顆炎の検査と診断
上腕骨外側上顆炎が発症しているかどうかを検査するためには、いくつかの検査方法が組み合わされて実施されます。まずはじめに、問診や触診などにより、上腕骨外側上顆に炎症や痛みが生じているかどうかを、特定の動作をおこなってもらうことによって確認します。それによってこの疾患が疑われる際には、画像診断によって、構造的な問題が存在するかどうかを検査します。

上腕骨外側上顆炎の治療方法
上腕骨外側上顆炎になってしまった場合の治療法は、前腕などの固まった筋肉をほぐしていくストレッチや温熱、レーザー光線を用いた理学療法などをおこなっていきます。これに合わせて消炎鎮痛薬を内服していきます。ステロイドホルモンの局所注射もおこなっていきます。またそれでも改善がみられない場合がなどには、手術などをおこなっていきます。

上腕骨外側上顆炎の初診に適した診療科目

上腕骨外側上顆炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ