手根管症候群シュコンカンショウコウグン

手根管症候群はどんな病気?
手根管症候群とは、手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれている手根管にある、正中神経と筋肉の腱が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害が起こる病気です。
初期のうちは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側にしびれや痛みが起こります。進行すると細かい作業が困難になります。
治療としては、装具の着用や注射、内服薬が用いられ、これらの保存療法が効かない場合は手術となります。


手根管症候群の症状
手根管症候群の症状は手の指のしびれです。初期の段階では、人差し指と中指がしびれや痛みを感じます。
このしびれや痛みは特に明け方に感じる場合が多く、起床後にしばらく手を動かしているとしびれや痛みは治まっていきます。
しかし、ひどい状態になってしまうと今度は親指にまでしびれや痛みを感じるようになり、最終的には親指の付け根がやせてしまい細かいものをつまむ動作が困難になります。

手根管症候群の原因
手根管症候群は成人の女性に多い病気の一つです。その原因は手の関節を酷使することです。
家事は繰り返し手首を酷使しますし、子育て中も発症しやすいです。赤ん坊をあやすのに抱いたり、首の据わってない赤ん坊の世話をするのは手首を酷使しやすいです。
また、関節リウマチや、長期間の血液透析、手首の骨折が原因になることもあります。

手根管症候群の検査と診断
手根管症候群の検査方法は、どのような傾向がでている内診をとることから始まります。この疾患に特徴的な症状があらわれている場合には、手首を叩くとしびれ、痛みが指先に響くティネル徴候や、ファーレンテストで手首を深く曲げると指がしびれるてくることが確認されたら診断されます。
補助検査として、筋電図検査をおこない、手根管を挟んだ正中神経の電導速度を測定します。

手根管症候群の治療方法
手根管症候群の症状が軽い場合は手首を安静に保つために装具を使用する治療法が一般的になります。
他にも消炎鎮痛薬やビタミンB12などの内服薬を服用したり、手根管にステロイド注射をする方法があります。
重症化していてこれらの保存療法の効果が続かない場合は手術をすることになります。
手術の方法は手根管の上の靭帯を切って、神経の圧迫を取り除きます。

手根管症候群の参考情報

手根管症候群の初診に適した診療科目

手根管症候群の専門外来

手根管症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ