皮脂欠乏性皮膚炎ヒシケツボウセイヒフエン

皮脂欠乏性皮膚炎はどんな病気?
皮脂欠乏性皮膚炎とは、皮膚が乾燥して乾皮症と呼ばれる状態になり、乾燥した皮膚の一部に湿疹を生じてしまう皮膚の疾患です。特に高齢者がこの皮膚疾患になることが多く、秋から冬にかけての空気の乾燥した時期によくみられます。皮膚の外側には角質層という部分がありますが、その部分が乾燥して水分が失われることで外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。そのため、皮膚が敏感になり、かゆみを感じやすくなるのです。


皮脂欠乏性皮膚炎の症状
皮脂欠乏性皮膚炎は皮膚が乾燥して細かくひび割れ、鱗屑と呼ばれるフケ状の白い粉が噴出し痒みが激しく皮膚を掻いて傷つけてしまう事が多く、皮膚に赤斑など湿疹が現れます。特に老人によく現れる症状で、冬場など空気が乾燥している時に起こりやすいです。この皮膚炎が出やすいのが下腿部分や腰の背骨部分が発生しやすく、痒さで掻きむしると悪化します。

皮脂欠乏性皮膚炎の原因
皮脂欠乏性皮膚炎の原因は、肌の乾燥によって無意識のうちに掻き毟り、傷をつけてしまうことによって起こります。肌表面が乾燥すると、水分が蒸発しやすくなります。その結果、肌が刺激に敏感になり、かゆみを感じやすい状態に置かれます。すると、かゆみから無意識のうちに肌を掻き傷をつけてしまいます。そうして、肌表面が炎症を起こすことになります。

皮脂欠乏性皮膚炎の検査と診断
皮脂欠乏性皮膚炎の検査方法は基本的に視診です。目視で患者さんの腰や臀部、下腿部に乾燥性の皮膚所見があるかどうかを確認し、かゆみがあるかどうかを問診することでほぼ確定できます。また、症状の発生時期が冬期の空気が乾燥する季節であるかどうか、入浴後などにかゆみが出てくるかどうかを確かめることも、診断の基準になると言えるでしょう。

皮脂欠乏性皮膚炎の治療方法
皮脂欠乏性皮膚炎の主な治療法としては、塗り薬と飲み薬があります。まずは、皮膚の乾燥を防ぐために保湿薬を塗ります。症状が強い場合は保湿薬に加えてステロイド外用薬が処方されます。ステロイド薬は湿疹や炎症を抑えるのに高い効果があります。また、かゆみがひどい場合は塗り薬に加えて、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤といった飲み薬が症状に合わせて処方されます。

皮脂欠乏性皮膚炎の初診に適した診療科目

皮脂欠乏性皮膚炎の専門外来

皮脂欠乏性皮膚炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ