進行がんシンコウガン

進行がんはどんな病気?
進行がんとは、数あるがんの中でも、とくに成長や増殖のスピードがはやい、つまり進行が早いがんであると言えます。またこのようながんにおいては、転移などが生じる可能性も高いと一般的に考えられています。悪性である確率も非常に高く、手術などをおこなっても、術後の予後が悪い傾向にあることが知られています。治療技術が進歩してきている中でも、治療が困難ながんであると言えます。


進行がんの症状
進行がんとは、発症した部位から他の臓器に転移してしまっているような状態のがんのことです。具体的な症状としては、食欲がなくなり、体重が大幅に減少し、疲労しやすく時たま体に痛みが走ることがあるということです。体重が急激に減ってきた場合は、がんが他の臓器に転移して進行している可能性が極めて高いので早急な治療が求められるのです。

進行がんの原因
進行がんは末期がんの可能性が高くなります。最も多い原因としては、がんの治療を施さずに放置をしておいた事です。がんは、あらゆる臓器に転移をするので、早期に人間ドックなどで治療の特定を急げばほとんどの場合はがんが転移せずに治療をする事ができます。また、がんは年齢によって進行の具合が異なってきて、若い人ほどがんの進行が早くなります。

進行がんの検査と診断
進行がんの検査方法は、各専門医の判断を仰いで適切な検査を受けることが大切です。がんには、初期や早期や進行や末期などに分けられています。これは状態や症状によって分けられています。がんの初期には無症状なので見つけることは大変です。進行状態のがんになると、他臓器などへの転移が見られるようになり、痛みや苦痛を感じるようになります。

進行がんの治療方法
進行がんの治療法は、手術や放射線療法などの局所療法は効果がありません。全身化学療法が有効な治療となります。一般的には強力な抗がん剤を使用しますが、その副作用は大きく患者にとって精神的・肉体的なストレスとなります。よって、近年では、患者自身の免疫細胞を体外で増殖・強化してから戻す免疫細胞治療が併用されるようになってきています。

進行がんの初診に適した診療科目

進行がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ