外反母趾ガイハンボシ

外反母趾はどんな病気?
外反母趾とは、足の親指の部分などが変形してくることによっておこるものでとくに女性に多いものになっています。こうなってしまった場合激しい痛みにも襲われる場合もありますので多くの場合には、手術などをして対応していくのが一般的になっています。またインソールといわれる特殊な中敷きをつかって痛みの軽減をしていくという新しい対応もあります。


外反母趾の症状
外反母趾になる理由は高いヒールや合わない靴をはくことにより足の形が変わってしまいます。症状としては、歩くときに痛みが出たり、長時間歩くことが困難になります。また、巻きづめになりやすかったり、足にたこができやすくなります。 また足以外にも、歩きにくくなり姿勢をちゃんと保とうとしようとすることから、肩凝りや頭痛、目の疲れなどもでてきます。

外反母趾の原因
外反母趾の原因とは、普通はそれぞれの人々によって違っているため、これと断定することが完全にはできなかったりしています。複数存在する要因のうち、遺伝的要因としては親などから受け継いだものが挙げられ、それ以外では外的なもおんが要因とされています。外的なものは女性ならばヒールを履いているなど、男性ならば靴の形状が合っていないということが挙げられています。

外反母趾の検査と診断
外反母趾であるかどうかを検査する方法は、基本的には一つの検査方法で十分であると考えられます。それは目視による母趾の形態についての判断と、触診などにより痛みの有無の検査ということになります。この疾患の場合には特異的な足の親指の形が観察され、患部に特定の方向の力を加えると、強い痛みを生じることが知られているため、この疾患であることを判断することができます。

外反母趾の治療方法
外反母趾の治療法は幅の狭い靴を履かないようにして指が自然と正しい方向に戻っていくのを待つだけです。指には自然と正しい位置に戻ろうとする習性があり、サンダルなどを履いて指に負担をかけない生活をしていれば指は自然と正常な位置へと戻っていくのです。指が自然に戻って行かない時は、指の手術をして指を正しい位置に来るように戻します。

外反母趾の初診に適した診療科目

外反母趾の専門外来

外反母趾に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ