処女膜強靭症ショジョマクキョウジンショウ

処女膜強靭症はどんな病気?
処女膜強靭症とは、女性の処女膜が厚くなり、リング状に硬くなっていまっている状態です。日常生活において、自覚症状はあまりなく、性交の際に男性の陰茎の挿入時に痛みを伴って初めて、異常に気づくことが多いです。原因は主に先天的なもので、膣口部が狭く伸びにくくなっています。治療としては、婦人科、産婦人科で局部麻酔による手術を行い、日帰りで帰る事も可能です。

処女膜強靭症の症状
処女膜強靭症の一般的な症状として、性交の際に無理な挿入による大量出血。または性交のたびに痛みを感じる。性交のたびに少量出血する。さらに、これらの要因が複合することにより、性交恐怖症が引き起こされることがあります。また症例によっては、挿入すら困難な場合があるため、不妊症の遠因となったり、難産の要因になるケースも存在します。

処女膜強靭症の原因
処女膜強靭症とは、処女膜が強すぎて男性の性器を挿入することができないために性交ができない状態のことを言います。この原因は、女性の処女膜が厚すぎたりすることで起こることもあるのですが、その殆どは心理的なものであるといわれています。男性との性交渉が少ないと恥ずかしいという心理が働き、膣が力んでしまい男性器が入らなくなるのです。

処女膜強靭症の検査と診断
処女膜強靭症の検査方法は、産婦人科医による膣鏡などを利用した肉眼的観察により行います。ただし、その診断により、身体的に何ら問題が発見されない場合は、性交渉の潤滑液が不十分な可能性や、性交渉に対する極度の不安などの精神的な問題がある可能性がありますので、クリニックや心療内科などでのカウンセリングによるメンタル的な側面での検査も有効な場合があります。

処女膜強靭症の治療方法
処女膜強靭症の治療法は、性交渉時の潤滑液が不十分な場合は挿入前にローション、ゼリーを使用するなどの対処法がありますが、ごくまれに膣が生まれつき狭く、膣の一部が閉鎖している場合や、処女膜が強靭または過敏な人もいます。その場合、切開手術や切除手術を行います。しかし、体に欠陥がない場合は、専門家によるカウンセリングや精神療法で克服する例もあります。

処女膜強靭症の初診に適した診療科目

処女膜強靭症の専門外来

処女膜強靭症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ