骨粗鬆症コツソショウショウ

骨粗鬆症はどんな病気?
骨粗鬆症は簡単にいうと、骨がもろくなってしまう病気になってきます。かかったしまってから改善するのは難しくなっていますので日頃から骨に刺激がはいりやすくなる運動をおこなっていくことと日光にあたるようにしていくなどのことが大切になります。またこの病気はころんだだけでも骨折などがおきてしまいますので転倒にはとくに注意が必要になります。


骨粗鬆症の症状
骨粗鬆症はゆっくりと進行していくために自覚することが難しく、気づかないうちに病気が酷くなっていることがあります。骨が脆くなっていくことで重たいものを持ったときや酷い場合には自分の体重によって圧迫骨折を起こすことがあります。これにより背骨の曲がりや痛み、身長の縮みなど起こります。これらの症状が出ている場合はすぐに医師に相談することが大切です。

骨粗鬆症の原因
骨粗鬆症は、体内のカルシウムが少なくなることによって骨の強度不足を起こします。カルシウムの摂取不足の他、他の病気やその治療が原因となって引き起こされる場合もあります。また、過剰なダイエットによって本来摂取すべきである栄養の不足に陥り、ホルモンバランスを崩している場合においても、この病状を発症する起因となることが考えられます。

骨粗鬆症の検査と診断
骨粗鬆症の検査方法は、骨密度を計測することによって行われます。超音波による骨密度の測定器を用いることによって、骨の内部の密度を調べます。超音波による骨密度の検査は簡単で、さらに検査に必要となる時間も短時間であるため、気軽に実施する事が出来ます。また、胸部や頚椎へのX線撮影によって、骨の密度の高さについての検査を行います。

骨粗鬆症の治療方法
骨粗鬆症の治療法は、毎日の食事でカルシウムをよく摂取することです。また、カルシウムの吸収を助けるビタミン類の摂取も必要になってきます。また、運動によって骨に刺激を与えることにより、骨密度を高めていく事が出来ます。外での運動により日光を受けビタミンDを生成し、改善に役立てられます。また薬物による治療も同時並行で行われます。

骨粗鬆症の初診に適した診療科目

骨粗鬆症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

骨粗鬆症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ