フィラリア症フィラリアショウ

フィラリア症はどんな病気?
フィラリア症とは別名犬糸状虫と呼ばれており、蚊から感染る寄生虫である。感染してしまうと、心臓や肺動脈に成虫は寄生をして、心臓病や肝臓病や腎臓病など様々な病気を引き起こしてしまう。恐ろしい病気です。また成虫は細い糸のように細長い虫である。またフィラリアの赤ちゃんはとても小さく蚊に吸われるのを待っているので犬を飼っている方は要注意が必要である。

フィラリア症の症状
フィラリア症は、感染して9ヶ月ほどは症状がでることがなく、突然の発熱が起こっていきます。下腿や鼠径部のリンパ管などが炎症をおこしていってしまいリンパ節などがはれて痛みを伴っていってしまいます。このような発作が、1週間程度続いていく事になります。慢性化していってしまうと腕や脚の皮膚は浮腫をおこしていくことが多くなってきます。

フィラリア症の原因
フィラリア症の原因は、寄生虫の感染です。蚊やブヨといった吸血昆虫が媒介者となり、他の生き物へと感染します。その対象は、犬や猫といった動物だけではなく人間も含まれます。過去には、沖縄県でフィラリアが確認され、駆除されている歴史があります。寄生虫による病気は外国での出来事というイメージを持たれがちですが、日本国内でも起こりうることなのです。

フィラリア症の検査と診断
フィラリア症は犬糸状虫症といわれ、犬が感染しているかどうかの検査は、血液中に感染源となるミクロフィラリアが存在するかどうかを、検査キットを使って確かめることで行われます。人間では多くが、胸部のレントゲン検査で肺結核や腫瘍の疑いがある小結節が肺に発見された場合に、外科的に検体を摘出して組織学的検査方法にて診断が行われます。

フィラリア症の治療方法
フィラリア症の治療法については、薬物療法をつかって改善していく事になっていきます。駆虫薬で駆虫していくことになります。厄介なのが慢性化してしまっている場合で外科的に処置をしていくような形になっていきます。早期治療がとても効果的な物になっていきます。心臓などに寄生されてしまった場合には、外科手術をもちいて取り除いていきます。

フィラリア症の初診に適した診療科目

フィラリア症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ