成長障害セイチョウショウガイ

成長障害はどんな病気?
成長障害とは同年代の人たちにくらべ身体的に小さいような場合に疑われる障害のことです。この多くが脳下垂体から放出される成長ホルモンの分泌量が少なく正常な2次成長などができないことで起こるものです。特徴的なものが低身長であり、成人しても男性で140センチ以下になってしまうような症状が見られます。しかし成長ホルモン剤で改善できることもあります。


成長障害の症状
成長障害とは、先天性の遺伝子異常で、体内の成長ホルモンの分泌が少ないため、通常値よりも低い身長だったり、成長が遅いと感じることが多々あります。身長が低いというだけではありません。心臓、肝臓などの疾患を発症させたり、骨や筋肉の形成に問題が生じたり、愛情遮断性症候群というような症状も招いてしまいます。成長ホルモンの分泌が不足すると様々な障害が生じるのです。

成長障害の原因
成長障害の原因は多々ありますが、大きく分けると遺伝性による体質的な症状と、成長ホルモンの不足や骨格など骨に関する病気にも関わりがあります。また、骨格以外にも内臓器の未発達や病気によって引き起こされる場合もあります。その他にも精神面でも社会的環境や家庭環境が好ましくない場合などには精神的なものとして起こる場合があります。

成長障害の検査と診断
成長障害の検査方法は以下の通りです。まず、両親の遺伝的影響や子供のそれまでの成長過程、病歴などを調べることで背が伸びない原因を探ります。もしその原因が成長ホルモン不全性のものだとわかれば血液検査や尿検査でホルモンや臓器の機能、染色体の状態について調べ、その後手のレントゲンを撮って骨年齢の成熟度を見ます。そして負荷試験と呼ばれる、成長ホルモンの分泌を促す薬を投与して反応を見る検査を行います。

成長障害の治療方法
成長障害により背が伸びない場合、確実な治療法として知られるのは、成長ホルモンプン分泌不全性低身長症に対する成長ホルモンの治療、甲状腺機能低下症に対する甲状腺ホルモン治療、軟骨無形成症に対して行われる骨延長術があります。通常ホルモン治療の場合は、毎晩寝る前に成長ホルモンの注射を行います。骨延長術は、人工的に骨折状態を作って骨を切り離し、その感覚を徐々に広げてゆくことにより骨を伸ばす方法です。

成長障害の初診に適した診療科目

成長障害の専門外来

成長障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ