視力障害シリョクショウガイ

視力障害はどんな病気?
視力障害とは、近視や遠視などの近くのものや遠くのものがぼやけてしまことを言います。これは、屈折の異常や目の視点を調節する機能の異常、視野狭窄などにより、視力が著しく低いことをさします。なので、視力が余りに低いばあいには、障害者手帳が交付されます。なので、障害者手帳を受けた人は、国からの援助がありますので、市役所で申請しましょう。


視力障害の症状
視力障害は、それ自体が症状の一つであると考えられます。視力の障害を引き起こすものはさまざまであると考えられます。その原因となる疾患に観察される障害の一つとして視力の障害がある場合もあります。観察される現象としては、単純な視力の低下の場合もありますし、視野が狭窄するようなケースもあります。また、視野の中の一部分に影のようなものが見える場合もあります。

視力障害の原因
視力障害には様々な原因がありますが、最も多いものは糖尿病で、縁内症などが後につづきます。眼球の問題でありながら、糖尿病やベーチェット病などの全身性疾患でも引き起こされます。また、交通事故や労働災害、重症無力症やミトコンドリア病、慢性進行性外眼筋麻痺のような眼筋麻痺によるものもありますが、出生児の損傷によるものは多くありません。

視力障害の検査と診断
視力障害が疑われる場合には、まず眼科医の検査を受けることが必要です。検査方法としては、眼科医が問診を行って片眼だけなのか両眼ともなのかを検査します。そして、その障害はいつ起こったのかを訪ね原因を突き止めていきます。他にも、様々なレンズを使い、どのレンズの時によく見えて、どのレンズの時に見えないのかを判断し、どのように矯正をしていったらよいかを判断します。

視力障害の治療方法
視力障害の治療法は、点眼薬、医療レーザー、手術などです。どういった理由で障害が起きているのか把握し、ケースによって治療行為は異なります。また同じ理由で発症している場合であっても、発見した時期によって進行具合が異なり、遅れた場合のみ手術でしか対応できなくなるといったケースもあります。手術には種類があり、小規模で1時間程度で終わる場合もあります。

視力障害の初診に適した診療科目

視力障害の専門外来

視力障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ