自律神経障害ジリツシンケイショウガイ

自律神経障害はどんな病気?
自律神経障害とはどのような病気でしょうか。交感神経と副交感神経の二つの自律神経のバランスが崩れた時に起こる症状です。具体的な症状としては、めまいや冷や汗が出たり、耳鳴り、頭痛、吐き気や震えなどの身体症状から人間不信や情緒不安定になったり不眠症や被害妄想など精神的な症状が現れることも多いのです。脳の疲労や精神バランスの崩れなど原因は様々ですが、特に大きな症状が起こらないことも特徴の一つです。


自律神経障害の症状
自律神経障害の代表的な病気は自律神経失調症や血管神経症、呼吸器神経症などがあります。自律神経のバランスが崩れて発症するこの病気は全身に異常が見られやすいです。主な症状は循環器系の機能障害、発熱異常、暴行直腸障害、性機能障害、起立性低血圧、胃無力症、便通異常、無自覚性低血糖などがあります。その多くは精神科や心療内科で治療が可能ですが、場合によっては泌尿器科などと連携して治療を行う場合があります。

自律神経障害の原因
自律神経障害の原因となるものには、どのようなものがあるのでしょうか。よくわかっていないことも多いと言われていますが、もっとも一般的に考えられるのが、ストレスであるといわれています。ストレスは、脳のさまざまな部分に影響を及ぼすことが明らかになっていますが、自律神経をつかさどる脳の部位にも影響を与えるため、自律神経か障害されることがあるのです。

自律神経障害の検査と診断
過度のストレスなどから身体の不調を示し、通常の検査で他の疾病が見当たらない場合は自律神経障害の可能性が疑われます。自立神経障害の検査方法は症状の問診、心理テスト、’心電図・脈拍数・血圧の変化を測定して医師が総合的に判断します。自律神経の障害によって引き起こされる症状は他の疾病からの症状と似ているケースが多く慎重に診断されます。

自律神経障害の治療方法
自律神経障害とは、自律神経である交感神経と副交感神経が正常に働かなくなった状態のことをいいます。この障害が長く続くと体の震えが止まらなくなったり、血圧が大きく上下したりしてかなり身体に負担を与える症状が出ます。この症状の治療法としては、薬物療法がメインなのですがカウンセリングや心理療法なども取り入れて治療を行なっているのです。

自律神経障害の初診に適した診療科目

自律神経障害の専門外来

自律神経障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ