サンバーン

サンバーンはどんな病気?
サンバーンとは、日焼けにより皮膚が赤く炎症を起こしている状態を指す。日焼けをもたらす紫外線のひとつであるUV-Bによって引き起こされ、日焼け後すぐに皮膚の変化が現れる。UV-Bは波長が短いため、ほとんどが皮膚の表皮までにとどまる。しかしそのエネルギーが強いため、皮膚が赤くなり痛みが強くなったりする。さらにひどくなると水泡ができる場合もある。


サンバーンの症状
サンバーンは日本においては日焼けの一種として分類されており、人間が紫外線に当たった後にその日のうちに皮膚が赤くなりだす症状が起こることが一般的です。皮膚が赤くなってくることによって痛みも伴ってきます。痛みの程度は人によって異なってきますが、場合によっては苦しむ程の痛みを日光が当たった部位に感じるという人も見売られています。

サンバーンの原因
サンバーンの原因は、太陽光や強い紫外線の影響で皮膚の組織が破壊されるところにあります。海水浴や日焼けサロンの人工的な紫外線投光によって引き起こされます。また時間も深く関係し、1時間ほどでは発症しない場合が多いですが、投射時間が長くなるにつれて病気が悪化する傾向にあります。さらに、抗生物質や精神安定剤などの薬物は紫外線の反応を敏感にするため更に進行が早まります。

サンバーンの検査と診断
サンバーン様症状が出る原因や、紫外線への感受性を確認するために光線検査(光線照射試験)を行うことがあります。検査方法は、露出した皮膚の一部に紫外線を照射するというものです。この時、皮膚に紅班が出るか等を観察します。光量や波長を変えて照射することにより、紫外線に対する感受性を確かめることもできます。また、すでに症状が出ている場合、光線検査による結果と比較することで原因の特定・確認の一助となります。

サンバーンの治療方法
サンバーンの治療法は、冷やすことが主となります。ヒリヒリする箇所、あるいは痛みが激しい箇所を重点的に冷やしましょう。また痛みは空気に触れることが起きます。そのため、発症した部分を保護すると痛み自体は引く傾向にあります。冷やす場合は氷が良いですが、ない場合は水や濡れタオルなどで代用すると良いです。また発症中は、肌を焼かないようにした方が良いです。

サンバーンの初診に適した診療科目

サンバーンの専門外来

関連部位から他の病名を探す

サンバーンに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ