マレット指マレットユビ

マレット指はどんな病気?
マレット指とは球技などの突き指が原因で、指の先端の関節が曲がり、自分で伸ばす事ができない外傷です。症状としては突き指した後、先端の関節が腫れて押さえると痛みがあります。指の先端が曲がり、自分で伸ばせない状態であれば検査が必要です。治療として場合によっては、骨片が大きくずれている用であれば手術を行い、ワイヤーなどで固定する必要があります。


マレット指の症状
マレット指とは突き指が原因で指の先の関節が曲がってしまったままになる外傷をいいます。自動伸展は不能で自分で伸ばそうとしても伸びず、他動伸展は可能で補助があればまっすぐすることができますが、離すとまた曲がってしまうといった症状です。痛みや腫れ、内出血があり、爪の剥離が同時に起こる場合があります。また爪床に出血がある場合、骨折が疑われます。

マレット指の原因
マレット指の原因は、スポーツなどによる突き指が要因となって起こります。スポーツや日常生活の中でつき指をした結果として、指の先端が曲がってしまい伸ばせなくなります。この病状は、指を伸ばすための腱が指の骨から剥離骨折した場合や、あるいは指を伸ばすための腱そのものが断裂してしまうことによって、病状として指に対して生じるものです。

マレット指の検査と診断
指の形状が第一関節で変形を起こしているマレット指には、「腱が断裂したり、伸展したもの」と「骨折したもの」の2つのタイプがあります。どちらであるかによって治療方法が大きく変わるため、機器を用いた検査が重要です。検査方法として、骨折の有無と状態はレントゲン撮影によって確認ができます。腱の断裂や伸展が原因の場合は、MRIが診断に役立ちます。

マレット指の治療方法
マレット指の治療法は、状態によって異なります。一般的には指を伸ばした状態で当て木をあてて固定し、2か月間ほど様子を見るのが一般的です。状態が良くない場合は、更に固定期間を延長します。しかし、骨折を伴う場合は手術が必要になることがあります。手術の方法は、経皮ピンニングと呼ばれる方法で、針金を2本刺して欠けてしまった骨片をもとに戻し、骨が固まるまで針金を刺したままにします。

マレット指の初診に適した診療科目

マレット指の専門外来

マレット指に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ