肺化膿症ハイカノウショウ

肺化膿症はどんな病気?
肺化膿症とは肺炎が進行したり、食べ物を肺に誤って入れてしまった場合に肺の中で病原菌が増殖し、肺の組織が壊死して膿みがたまる病気です。症状としては頭痛や発熱、膿性の痰がありまれに胸痛も起こります。重症化すると呼吸困難や意識障害がみられます。治療法としてはまず入院治療が原則です。そして抗菌薬などを投与していきます。治療期間は普通の肺炎より長くなります。


肺化膿症の症状
肺が細菌感染に起因して化膿してしまう肺化膿症は、初期の段階では発熱や咳、胸の痛みや寒気などの症状がみられます。数日すると、膿性の痰が大量に排出されます。血を伴う場合もあり、化膿菌によって赤血球が壊されてしまうため貧血になることもあります。重症化してしまうと、呼吸困難やチアノーゼ、意識障害などがみられるようになり緊急に治療をする必要があります。

肺化膿症の原因
肺化膿症の原因は、肺胞に細菌が感染することによって起こります。肺胞の破壊を引き起こすことになる要因の細菌の種類としては、嫌気性菌や黄色ブドウ球菌やクレブシエラ、あるいは緑膿菌といった細菌が存在しています。特に嫌気性菌は口の中に生息しているため、誤嚥をきっかけにして気道から肺へと菌が侵入して病気を発症させることがあります。

肺化膿症の検査と診断
肺の病気に肺化膿症という病気がある。肺炎とよく似た病気であるが、初期の段階では、タンやセキがよく出たり、発熱、胸の痛みなどの症状があるが、検査方法としては、X線検査を受ける必要がある。病気の原因は、最近によるもので治療法は。抗生物質の投与、手術等があげられるが、病気が慢性化することもあり、場合によっては、死に至る病なので油断はできない。早期発見が望まれる。

肺化膿症の治療方法
肺化膿症の治療法は、薬物療法、抗菌薬などが一般的です。誤嚥性肺炎である場合は、ペニシリン系とラクタマーゼ阻害薬の配合薬、カルバペネム系抗菌薬投与といった治療が有効的なケースがあります。血行性感染であれば病巣を把握したあと、状態に合わせて抗菌薬を選ぶ傾向にあります。膿瘍が大きい場合は、カテーテルによる排膿、外科手術を行う場合があります。

肺化膿症の初診に適した診療科目

肺化膿症の専門外来

肺化膿症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ