窃視症セッシショウ

窃視症はどんな病気?
窃視症とは裸体などを覗き見ることによって性的快感を得る症状のことです。診断基準としては六か月以上の期間にわたり、覗く行為を行っていることがあります。そして、このような人たちはストレスなどが原因であることが多いため、薬でストレスを和らげたり、心理療法によって認知のゆがみを矯正したりすることによって覗き行為をしないようにします。

窃視症の症状
窃視症の症状とは、一般的には裸体などをのぞき見ることで性的な快感を得てしまうというものが挙げられます。ただ人間の裸を見たりするのではなく、あくまでプライベートな空間にあるものをのぞき見ることでしか快感を得られないというものであり、他人の行為を見てしまったり、他人が脱いでいるところを見たり、自分のパートナーを他人と交わらせたりすることで興奮を覚えるという発露形態となっています。

窃視症の原因
窃視症の原因は、他人の裸体などを覗き見ることによって性的快感を感じることです。6カ月以上にわたって、無防備な人の裸や衣服を脱いだり、性行為を行っているのを見て性的に興奮したり、空想したり、性的衝動または行為をくりかえします。そして、性的衝動を行為に移していたり性的衝動や空想の為に著しい苦痛や対人関係が上手くいかなくなっている人です。

窃視症の検査と診断
窃視症の検査方法としては、患者の状態が重要になっていますので、そのことを踏まえて検査する必要があります。基本的には、数値で分かるものではありませんので、医師の判断が重要になっています。いくつかの質問をすることによって、検査することが出来るようになっていますので、患者の状態と合わせて判断することで、診断する必要があります。

窃視症の治療方法
窃視症の治療法は、精神カウンセラーのカウンセリングを受けて認知の歪みを矯正していく治療です。のぞきをしてしまうのに罪悪感が無かったり自分勝手な理由でのぞきをしている場合は、どうしてのぞきが行けないのかを懇切丁寧にレクチャーし認知の歪みを正します。最初のカウンセリングで歪みがどれくらいかを判断して、認知を正す計画を立てます。

窃視症の初診に適した診療科目

窃視症の専門外来

窃視症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ