弛張熱シチョウネツ

弛張熱はどんな病気?
弛張熱とは、1日の中で、高熱と、全く熱のない状態が交互に現れる状況、もしくは高低の差が1度以上あることをいいます。特定の病にかかった場合、特に、マラリア、回帰熱、敗血症などの陥った場合、3~10日間かそれ以上、続くことがあります。腎盂腎炎、気管支肺炎などの高熱を下げる時に、解熱剤を使用した際に、このような状態が続くこともあります。

弛張熱の症状
弛張熱の症状は、一日のうちに39度の発熱があり体温が温度差1度以上の上がり下がりを繰り返し、37度以下にはなりません。日中は37度ほどに下がっている場合が多く、夜間にかけてかた体温が上昇していきまた下がるという状態で三日から一週間その状態を繰り返すことがあり、患者は熱のために食事も水分も取りにくくなり体力の消耗をきたします。

弛張熱の原因
弛張熱の原因は、感染症や腫瘍、膠原病などによって起こります。敗血症やウイルス感染、化膿性疾患などに感染した場合においてこのタイプの熱を起こします。また腫瘍もこうした発熱のパターンを発生させる要因の一つとして挙げられます。その他には、血管炎や成人Still病といったような膠原病を元にして、緩やに上がり下がりする熱の変化を発生させます。

弛張熱の検査と診断
体温を体温計で測定する検査方法で、検査することが出来ます。体温の変動が激しい場合や、高温が続いている場合によって熱の名称が変わります。体温の変化が少ない熱を稽留熱といいます。体温の変化がある熱を弛張熱といいます。CT検査でも熱のタイプを調べる事が可能です。血液培養でも詳しく検査することが出来ます。体温計を使った検査が一番手軽です。

弛張熱の治療方法
弛張熱の治療法は特になく、時間とヒトの持つ回復力に頼るのが一般的です。ただし長く悩まされる場合には、解熱剤を使用して対応する場合があります。基本的には、体力を付けて対応することになります。睡眠と消化に良い食事を摂り、備えると良いでしょう。睡眠は、長時間取り過ぎると逆に回復力低下につながる場合もあるので、適度に取ることが大事です。

弛張熱の初診に適した診療科目

弛張熱の専門外来

関連部位から他の病名を探す

弛張熱に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ