乾癬カンセン

乾癬はどんな病気?
慢性的な皮膚の病気です。


乾癬の症状
皮膚が赤くなって盛り上がる「紅斑(こうはん)」、次第にその表面が銀白色の細かいカサブタで覆われ、やがてそれがフケのようにボロボロとはがれ落ちます。皮疹は、大きさ、形がさまざまで、症状が進むと数が増え、いくつかの皮疹が一緒になったり、全身に及んだりすることがあります。約半数(約5割)の方にかゆみがみられ、時に強いかゆみを生じる場合もあります。爪の変形や関節炎(関節の痛み、腫れ)を伴うこともあります。

乾癬の初診に適した診療科目

乾癬の専門外来

乾癬に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ