月経様出血ゲッケイヨウシュッケツ

月経様出血はどんな病気?
月経様出血という単語に聞き覚えがある人はどのくらいいるのでしょうか。このような知識が薄い人のために少し解説をしたいと思います。これは妊娠の初期症状であり、生理の時と同じような出血がおこります。これは、ほとんどの人が生理との見分けをつけることが難しく、見た目は見分けがつきません。ですが、出血の量は明らかに少なく、数日程度で終わるという特徴があります。


月経様出血の症状
月経様出血の症状は、不正出血という形で現れてきます。不正出血というのは、予期しない出血であり、いきなり血が出てくるのです。しかし痛みを伴わないことがほとんどなので、まったく気づかないということがあります。そしてこの不正出血は、ただ一度や二度起きるというのではなく、一週間以上、場合によっては数週間は続くものとされているのです。

月経様出血の原因
月経様出血とは、膣より月経のような出血を伴うもので、その原因の多くが子宮や子宮頚部にできた腫瘍によるものです。月経時期以外に不正出血がある場合は、子宮関係の病気である可能性が高いので必ず婦人科を受診して子宮や子宮頚部を診察してもらう必要があります。放置すると腫瘍の場合ですと他の臓器に転移して予後がかなり悪くなる可能性があります。

月経様出血の検査と診断
月経様出血の検査方法は、どういった時期にこうした病気が生じたのかということを調べることを実施します。この問診をやってみて、それから尿検査へと移るのです。尿を調べてみて、hCGと呼ばれる分泌物が存在しているかどうかを調べるのです。普段は陽性になることはないのですが、稀に異常値がでるので、それがあるのか、それともないのかをチェックします。

月経様出血の治療方法
月経様出血とは受精卵が子宮に着床したときの刺激による出血のことです。着床してから本来の生理予定日前後に起こるので、生理と勘違いすることが多いです。治療法としては、場合によっては流産をまねいてしまうときもあるので、まず産婦人科に行き、診察を受けることが必要です。張り止めや止血の薬、点滴などを処方してもらい安静に過ごします。

月経様出血の初診に適した診療科目

月経様出血の専門外来

月経様出血に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ