疥癬トンネルカイセントンネル

疥癬トンネルはどんな病気?
疥癬トンネルとは、ヒゼンダニの雌成虫が皮膚の角質層の内部に鋏足でトンネルを掘って寄生されたことをいいます。人体に感染した場合、約一か月ほどで発症し、皮膚には皮疹がみられ自覚症状として強い皮膚のかゆみが生じてしまいます。また、皮疹には腹部や腕、脚部に散発する赤い小さな丘疹、手足の抹消部に多いトンネルに沿った戦場に皮疹、外陰部を中心とした小豆大の結節の3種類があります。

疥癬トンネルの症状
疥癬の症状とはまず、手や足、体に沢山の発疹があらわれます。患部をよく観察してみると、皮が浮き上がり横に細く繋がっている部分がみえます。これは疥癬トンネルと言われるもので、メスのダニが産卵を行うために皮膚を掘り進んでいった後です。患部は発疹を伴い皮もめくれてきます。強い痒みもありますし、時にチクチクとした痛みがあるときもあります。

疥癬トンネルの原因
疥癬トンネルの原因はヒゼンダニによるものです。皮膚にヒゼンダニがつくと皮膚下の角質層を掘って寄生します。そして角質などを栄養にしながらトンネルを掘り進め卵を産み増殖していきます。通常疥癬と角化型疥癬があり、通常疥癬は長時間肌を接触させることで感染します。角化型疥癬は短時間の接触でも感染します。角化型疥癬は非常に感染力が強く、免疫力が落ちているときなどは感染しやすくなります。

疥癬トンネルの検査と診断
疥癬に疑いがある患者の患部には、疥癬トンネルというメスのダニが産卵をする為に皮膚をトンネル状に掘り進んだ後が見られる時があります。それは医療知識のある医師であればすぐに疥癬による感染の可能性を疑います。そして患部から少しだけ皮膚を取って顕微鏡を使用しての検査方法が行われます。そこでダニやダニの卵が見つかれば正式な病名が分かります。

疥癬トンネルの治療方法
皮疥癬の治療法とは、まず皮膚に付着しているダニを全て死滅させる必要があります。疥癬トンネルが発生している場合はダニの卵も皮膚にありますのでそれも死滅させなければならないのです。まず皮膚科で処方されるのはダニを死滅する効果のある塗り薬です。これを顔以外の体の部分にくまなく塗り込みます。発疹や炎症が酷い場合にはステロイド等の炎症をおさえる薬が処方されます。

疥癬トンネルの初診に適した診療科目

疥癬トンネルの専門外来

疥癬トンネルに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ