うっ血乳頭ウッケツニュウトウ

うっ血乳頭はどんな病気?
うっ血乳頭(うっけつにゅうとう)とは、眼底への視神経の根元にある乳頭に水分が溜まっている状態で、脳腫瘍や脳出血などを診断する重要な症状の一つです。症状としては、頭痛、めまい、吐き気などを起こし、次第に視力も低下していきます。治療法は、脳圧が下がると治るので、できるだけ自覚症状が出たら早急に頭蓋骨内の疾患治療を行った方が良いでしょう。


うっ血乳頭の症状
両目に見られますが、初めは視力低下はありませんが、ちらつきやかすみ、複視などが起こる場合もありますが自覚できるほどではないことも多いです。しかしながら、頭痛や吐き気や嘔吐、めまいなどの自覚症状がうっ血乳頭には現れます。その後、視野が狭くなり、視力も低下していきます。原因を取り除かないままでいると、そのまま失明してしまいます。

うっ血乳頭の原因
うっ血乳頭とは脳の中の圧が高くなり視神経乳頭に強いむくみがみられる病気で脳腫瘍や脳出血などの頭蓋内疾患が原因となります。症状は視力低下や頭痛、めまい、吐き気などの自覚症状がみられます。神経内科や脳外科などで受診し、眼底検査や頭部のCTやMRIで頭蓋内病変を発見し診断します。できるだけ早く頭蓋内疾患の治療を行って脳圧を下げます。

うっ血乳頭の検査と診断
うっ血乳頭の検査方法は、まずは視診によってなす場合があります。見てみて、患者の状況を把握するのです。それから頭部においてCTを行い、MRIで全体的な状況というものを確認します。こおn病気の場合には、とにかく精密検査というものが必要なので、医師に依頼して、どのぶぶんのどのような障害が発生しているかを把握しなくてはならないのです。

うっ血乳頭の治療方法
脳外科で脳圧を下げる手術を受けることで、うっ血乳頭を治すことが出来るだけでなく、視力の低下と視神経の悪化を予防することが出来ます。脳に異常がある場合は放射線を当てる治療法で、脳の腫瘍を消して手足の痺れなどの症状を緩和する事が出来ます。脳手術を受けると、視野の狭窄やめまいを起こさなくなります。手術と抗がん剤を併用すれば、目の異常の再発を抑制する事が可能です。

うっ血乳頭の初診に適した診療科目

うっ血乳頭の専門外来

うっ血乳頭に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ