頻脈性不整脈ヒンミャクセイフセイミャク

頻脈性不整脈はどんな病気?
頻脈性不整脈とは心拍数が1分間に100回を超えるくらい早くなる不整脈のことを言います。洞性頻脈のように運動後にみられるものや、心房で起こるものや、心室で起こるものがあります。心拍数によって期外収縮、頻拍、粗動、細動にわけられており、心室細動や心室頻拍などの致死性の不整脈を起こす可能性のある場合は、ICD(植込み型除細動器)による治療が行われるます。


頻脈性不整脈の症状
頻脈性不整脈とは、要するに不整脈のことですが、この病気の場合は脈が早くなるものです。症状としては、通常なら1分間60から80回の脈拍が1分間に100回以上起こり、血圧が上昇した時と同じような状態になります。例えば、心臓がどきどきしたり、めまい、失神を起こす場合もあります。ひどい場合には心不全のきっかけとなってしまう場合もあります。

頻脈性不整脈の原因
頻脈性不整脈の原因として考えられる疾患は、いくつかあります。狭心症、心筋梗塞、心不全、心筋症、動脈硬化症など心臓に関連する疾患や高血圧などの血流に関連する疾患、アルコールやカフェイン入りの飲み物を大量に摂取した場合など、様々な要因と疾患が考えられます。しかし、不整脈には、治療を必要とせず、経過観察で良いものから、命に関わるものまであるので、症状があれば早めに受診したほうが良いです。

頻脈性不整脈の検査と診断
頻脈性不整脈の検査方法には、心電図検査、心臓超音波検査、心臓電気生理学的検査、携帯型の心電図をつけるホルター心電図、傾斜のあるベルトコンベアーの上を歩くトレッドミル負荷検査、踏み台昇降をするマスター階段昇降、固定された自転車をこぐエルゴメーたー、冠動脈CT検査、胸部レントゲン検査、心臓カテーテル、などさまざまな方法が行われています。

頻脈性不整脈の治療方法
頻脈性不整脈の治療法には、薬物治療と非薬物治療のふたつがあります。非薬物治療には、植え込み除細動器による治療や、外科手術などがあり、その中でも毎年何千人もの人が植え込み型除細動器による治療を受けています。このほかにも、カテーテルアブレーション治療や、カルディオバージョン、対外式除細動器治療などといった治療の方法があります。

頻脈性不整脈の初診に適した診療科目

頻脈性不整脈の専門外来

頻脈性不整脈に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ