低身長(小児)テイシンチョウ(ショウニ)

低身長(成長障害)とは、同性同年齢の子どもの平均身長と比べて、身長が著しく低い、あるいは成長の速度が著しく遅い場合をいい、少し身長が低いというだけでは低身長とはいいません。成長が障害されているかどうかは、子どもの「身長」と「1年間の身長の増加(成長速度)」をめやすに判断することができます。 ホルモン分泌の異常やその他の病気によるものは現在の身長が低いだけでなく、1年間の身長の伸び(成長率)も標準より低くなっており、低身長の程度が年々強くなっていくのが普通です。

低身長(小児)の初診に適した診療科目

低身長(小児)の専門外来

低身長(小児)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ