鼻ポリープハナポリープ

鼻ポリープはどんな病気?
鼻ポリープとは、鼻の中に出来る腫瘍です。鏡で鼻の中を覗くと、丸い肉の塊があるのが分かります。人の体は様々な場所にポリープが出来ますが、鼻のなかにも出来る事があるのです。これは痛みは全くない事が多く、鼻が詰まったような違和感を感じて受診する方が多いです。この腫瘍は悪性の場合もありますので、病院での検査が必要になりますが、殆どが良性です。


鼻ポリープの症状
鼻ポリープの症状は、左右に交代性の鼻づまりがおこり、その後、膿性の鼻汁が長期にわたって出続け、両方とも鼻づまりをおこします。嗅覚が鈍感になるのも特徴のひとつです。大きくなって鼻腔をふさぐと、頭痛、鼻内圧迫感、記憶力減退、耳管狭窄などが起こります。ポリープが大きくなりすぎると鼻の穴から顔をのぞかせたり、鼻が変形してしまうこともあります。

鼻ポリープの原因
鼻ポリープの原因は未だはっきりと解明されていませんが、アレルギーや細菌感染によるものの可能性が高いといわれています。鼻炎や副鼻腔炎の分泌物などによって鼻腔の粘膜が刺激されると好中球や好酸球のような炎症細胞が集まってきます。そこから発生した化学伝達物質が粘膜に影響し粘膜に腫れが見られるようになり、その一部が突起してポリープになると考えられています。

鼻ポリープの検査と診断
鼻ポリープの検査方法は耳鼻咽頭科にて比較的簡単に行う事が出来ます。鼻鏡と呼ばれる専門の内視鏡を用いて鼻腔を観察すれば患部を容易に見つける事が可能です。ですが時として慢性副鼻腔炎を併発していたり鼻中隔湾曲症を発症していて直接患部を見れない場合もあり、その際はCTや特殊なファイバースコープなどを用いた観察の結果を総合して判断します。

鼻ポリープの治療方法
鼻ポリープの治療法は、はマクロライド系の抗生物質を内服しても小さくなることはあるも消失はしないのです。手術をして切除するしかなく、局所麻酔で可能であり、入院なしの外来手術も可能です。最近は手術器の進歩により出血も少なく行われるようになっています。ただ根こそぎ切除することは難しく、再発することがしばしばあります。鼻茸を切除し、更にマクロライドを服用することで治療効果を高めようとするのです。

鼻ポリープの初診に適した診療科目

鼻ポリープの専門外来

鼻ポリープに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ