リンパ節腫脹リンパセツシュチョウ

リンパ節腫脹はどんな病気?
リンパ節腫脹とは、炎症や癌の転移等でリンパ節がはれてしまう状態のことを言います。原因の多くの場合は口や咽喉の細菌感染による炎症です。しかし、たまにウイルス感染や結核によるもの、悪性腫瘍の転移やリンパ節自体に腫瘍ができた場合にも引き起こされます。症状として口やのどの痛みとともに発熱がおきます。外からも腫れがわかるようになった場合は重傷です。


リンパ節腫脹の症状
リンパ節腫脹が 一般的な細菌の感染によるものであれば、歯、口、咽喉の痛みなどの症状が初めに表れてきます。しばらくし、頸部に痛みがある腫瘤が触れるようになり、その多くは発熱を伴います。悪性腫瘍の転移もほとんど同様で、腫瘍に近い部位のものがまず腫れ上がります。しかしこの場合は痛み・発熱などを伴わなく、また硬いことが特徴となっています。

リンパ節腫脹の原因
リンパ節は全身のいろんなところにあり、細菌感 染などに対する体の防衛機構をなすものです。 リンパ節腫脹 の 多くの場合の原因は、口やのどの細菌の感染からのおこる炎 症によるものです。しかし、ウイルス感染や結核などからおこる炎症の場合、悪性腫瘍が移動していたり、リ ンパ節そのものに腫瘍ができてしまうこともあり、それが病気の理由としてはれてしまうことも あります。

リンパ節腫脹の検査と診断
「リンパ節腫脹」は、痛み・発熱などの炎症の症状がある場合や、炎症や腫瘍の原因が口・咽喉に見られる場合、診断は難しくありません。表在性の場合には視診・触診で判別可能ですが、深在性のものはX線検査・超音波検査などが必要です。その他の検査方法としては、血液検査や原発部の組織検査です。結核や原発部位不明のがん転移などでは、腫れているリンパ節そのものの細胞や組織の検査が必要な場合もあります。

リンパ節腫脹の治療方法
リンパ節腫脹の治療では原因により治療法は大分異なりますので正確な原因の追求が必要となります。細菌性炎症の場合なら抗生剤の投与が必要です。しかし膿瘍化してた場合は切開して中の膿を取り出す必要があります。また病巣の治療が必要ということなのは当たり前のことで、腫瘍では手術、抗がん剤を使用した化学療法、放射線療法が行われます。

リンパ節腫脹の初診に適した診療科目

リンパ節腫脹の専門外来

リンパ節腫脹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ