パニック発作パニックホッサ

パニック発作はどんな病気?
パニック発作は突然何の前触れもなく起こる症状で精神的にトラブルに巻き込まれると起きやすくなります。脳の一部が機能障害で起こることがありますからいつ起こるかわからないのが特徴です。最近の医療では発作に関しても治療を行なう所が出てきてますから専門のカウンセリングで診てもらうことができます。日常生活で安心して過ごせる環境作りが大切です。


パニック発作の症状
パニック発作は、突然強い動悸や呼吸困難、胸の苦しさなどの症状を感じます。あまりの苦しさから、本人は「心臓発作」や「死んでしまうかも」と感じ、不安感から発作はさらに増長されます。不安による息苦しさから呼吸数が増加し、血中の二酸化炭素が減少すると血液の成分がアルカリ性に傾きます。すると、体に強いしびれや筋肉の硬直が起こります。これがさらに不安を増大させ、呼吸が激しくなるという悪循環が起こります。

パニック発作の原因
パニック発作を引き起こす原因は、精神的な問題からきます。街中で発作を引き起こすのは、もし電車が事故に会えば、飛行機が落ちてしまったら等の恐怖が大きくなるとパニックに陥ります。ほかには人が極度に苦手である方が人ごみに入るとパニックになる時があります。これは自身が作り上げたあり得ない恐怖を現実に起こってしまうのではないかと脳が錯覚してしまうのです。

パニック発作の検査と診断
パニック発作の検査方法は、『DSM-4 精神疾患の診断・統計マニュアル』により定義されており、マニュアルに記載された13項目のうち4項目以上同時に発症しているかどうかで判断されます。代表的な症状としては、動悸、心拍数の増加、発汗、体の震え、胸痛、嘔吐、死に対する恐怖感、皮膚感覚のマヒなどがあります。ただし、身体的に異常がない場合に限ります。

パニック発作の治療方法
パニック発作の治療法は、精神を落ち着かせることが重要です。慌てず行動すること、場合によっては安定剤を服用すると良いでしょう。安定剤は、薬剤師に処方してもらうと良いです。また、ヒーリング効果のある音楽を聴いたり、好きな小説や映画などを見て心を落ち着かせるといったことも可能な場合があります。総じて、負の感情に流れないことが大事です。

パニック発作の初診に適した診療科目

パニック発作に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ