乳管内乳頭腫ニュウカンナイニュウトウシュ

乳管内乳頭腫はどんな病気?
乳管内乳頭腫は乳頭付近の乳管や抹梢乳菅に発生する乳頭状良性腫瘍です。
外見からでは分かりませんが、症状の大部分は乳頭分泌が起き血性が50%で粘り気の少ない漿液性のが50%で時に水の様な透明な時もありますが、大抵は下着等に付着するので気付きます。
乳がんとの関連性が深く、再発も多いので検査と治療をかねて乳腺葉を切除することが多いです。


乳管内乳頭腫の症状
乳管内乳頭腫にかかった場合の主な症状として、乳頭から分泌液が出てきます。茶色のものから血液を含んだ赤色のものが半数と残り半数は白い透明の液体が出てきます。下着に付着することによって、多くの人が気づきます。
分泌液が内部にたまってしまうことにあり、しこりが出来ることもあります。しかし、このようなケースは稀で大抵は分泌液が出るのみです。

乳管内乳頭腫の原因
乳管内乳頭腫の原因についてですが、今のところはっきりと解明されておりません。
しかし乳頭腫の症例のほとんどにホルモンが関係していることから、卵巣ホルモンが何らかの影響を与えていると考えられています。
また、この疾患は乳腺症の合併症とすることが多いので、加齢が要因とも考えられています。
乳頭腫そのものはがん化しませんが、乳がんのリスクは高まります。

乳管内乳頭腫の検査と診断
乳管内乳頭腫の検査は、まず乳房X線撮影(マンモグラフィー)と超音波検査を行います。
これらの検査で腫瘤などの病変を認めれば、その部位の穿刺細胞診をします。
分泌物がある場合には分泌物の細胞診や潜血反応などを行い、総合的に診断していきます。
非湿潤性乳管がんとの鑑別が困難で、生検が必要なこともあります。

乳管内乳頭腫の治療方法
乳管内乳頭腫の治療法としては、まずそれ自体が症状の類似している乳がんではないかどうかを調べるために患部の乳腺葉の一部分を治療と検査の両方をかねて切除を行います。
細組織を調べ良性か悪性かを見極め、もし悪性のがんでなければ、すぐに治療はせずに、経過を観察していくことになります。
腫瘍部分は取り去ってもまた再発することがあるので定期的な検査をしていきます。

乳管内乳頭腫の初診に適した診療科目

乳管内乳頭腫の専門外来

乳管内乳頭腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ