急性前骨髄球性白血病キュウセイゼンコツズイキュウセイハッケツビョウ

急性前骨髄球性白血病はどんな病気?
急性前骨髄球性白血病とは前骨髄球の腫瘍である。この前骨髄球は血液凝固に関与するトロンボプラスチンに類似した物質を持ち、ガン化により前骨髄球が破壊されることで血中に多量に流出する。これにより播種性血管内凝固を起こし出血傾向が現れる。脳出血など死亡リスクの高い出血を引き起こすことも多いため、治療の際には注意する必要がある。


急性前骨髄球性白血病の症状
急性前骨髄球性白血病にかかると、全身の倦怠感やめまい、息切れなどの貧血状態になる場合があります。ほかにも鼻血や歯茎からの出血が止まりにくくなったり、風邪がなかなか治らないなど感染症の症状が出ます。目に見えるものでは、ぶつけてもいないのに紫斑ができていたり、紫がかった口内炎ができたりもし、また、進行が進むと脳内出血になります。

急性前骨髄球性白血病の原因
急性前骨髄球性白血病とは急性骨髄性白血病の一つで原因としては、造血幹細胞が悪性化して細胞の白血病細胞が無秩序に増え健康な血液が造られにくくなるため起こる病気です。この病気は他の急性白血病に比べて非常に出血しやすくもっとも治りにくい白血病の一つでした。今では完治が可能な病気です。気をつけて回避ができる病気ではないので定期健診をしっかりしましょう。

急性前骨髄球性白血病の検査と診断
急性前骨髄球性白血病の検査方法は、まずは問診から始めるのが一般化しています。体の不調の種類によってこのタイプの病気が疑われたときに、白血病のようだと思われた時には、骨髄液を採取するのです。そしてコツつい検査を行えば、診断を確定できることになります。骨髄は血液の工場と言われている所ですから、ここの異常があればすぐに判断できることになります。

急性前骨髄球性白血病の治療方法
急性前骨髄球性白血病にはどのような治療法が有効なのでしょうか。診断が確定したから、まず患者を病院に入院させ、複数の抗がん剤を用いての化学療法を行います。状態が落ち着きを見せたら、地固めや強化療法、維持療法を繰り返し行い、白血病の根絶を目指します。また症状が深刻な場合、あるいは再発した場合には造血幹細胞の移植を行う場合も検討されます。

急性前骨髄球性白血病の初診に適した診療科目

急性前骨髄球性白血病の専門外来

急性前骨髄球性白血病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ