白血球減少症ハッケッキュウゲンショウショウ

白血球減少症はどんな病気?
白血球減少症とは、体内に侵入した細菌や異物を分解してくれる免疫細胞の白血球の数が減少してしまう病気です。白血球の数が減少してしまうと免疫力が低下してしまうため、外部から侵入したウイルスや細菌などに対する抵抗力も弱まり感染症にかかりやすくなってしまいます。減少した白血球の種類によって、好中球減少症、顆粒球減少症、無顆粒球減少症にわかれます。

白血球減少症の症状
白血球減少症は一つの病名であらわされるものの、その症状は様々なものが考えられます。例えば、発熱やけん怠感などはこの疾患に多くみられるものです。それ以外にも、傷の治りなどが遅かったりすることも自覚的に感じることができるケースがあります。最終的には、ウイルスや細菌などの感染症に対する抵抗力が弱まりますので、そういったものに感染することによって別の現象があらわれてきます。

白血球減少症の原因
白血球減少症の原因としてあげられるのは、他の疾患がある為に薬剤などの服用をしていることです。細菌を抑える抗菌薬や抗生物質、痛みを抑える消炎鎮痛剤、糖尿病薬、精神安定剤、抗ヒスタミン薬、各種の抗がん剤など様々な薬剤があげられます。薬剤の他に、再生不良性貧血や白血病などで骨髄の造血機能が失われている場合、感染症や膠原病などの免疫疾患にかかっている場合も白血球が減少します。

白血球減少症の検査と診断
白血球減少症の検査方法は、血液検査にて白血球の数を調べます。アレルギー性の場合は白血球の減少のみで、赤血球や血小板に異常はありません。血小板の減少が見られ、貧血症状も見られる場合は、中毒性と判断されます。中毒性の場合は骨髄検査でも、赤芽球や巨核球の減少が見られます。血液のCRPが上昇している場合は細菌感染の合併が疑われ、胸部レントゲン検査、尿検査、血液培養検査も行います。

白血球減少症の治療方法
白血球減少症の治療法は、まずは細菌を身体に取り込まないようにすると言うことが肝心なので、日常生活で気をつけるということになります。こまめに手洗いやうがいを行います。口の中や肛門部などの清潔にもこころがけます。食べ物は必ず火を通し、新鮮な作りたての物を食べるように心がけます。身につける衣服の清潔にも気を配ります。感染症にたいして抵抗力がないので身体に異変があれば早急な受診が必要です。

白血球減少症の初診に適した診療科目

白血球減少症の専門外来

白血球減少症に関する書籍はこちら

白血球減少症の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
白血球減少症に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ