手掌紅斑シュショウコウハン

手掌紅斑はどんな病気?
手掌紅斑とは、手のひらが不自然に赤くなってしまう症状のことを指します。
特に親指の付け根の膨らんだ部分にこの症状がよく見られます。
手のひら全体が赤くなるのではなく、特定の部分だけが赤くなってしまうのが特徴です。
原因として考えられるのは肝臓の機能の低下です。肝臓の働きが悪くなった結果、女性ホルモンが増えてしまい、血管が拡張されることで手のひらが赤く見えてしまうのです。


手掌紅斑の症状
手掌紅斑の症状は、この病気の名前のもとにもなっているわけですが、手のひらに赤い斑点のようなものが観察されます。痛みや痒みは伴いません。
掌の中でも、全体にまんべんなく斑点ができるわけではなく、特に親指や小指の付け根あたりなど特定の部分に偏って観察される場合が多く、相対的に手のひらの中心部は白くなるという点が特徴です。

手掌紅斑の原因
手掌紅斑の原因は、手のひらの周辺部の血管の拡張によるものです。手のひらの周辺部の血管が拡張する要因としては、主に肝臓に障害がある場合が挙げられます。
また他にも、自己免疫に疾患がある場合や、感染症、代謝性の疾患がある場合、さらに、妊娠している場合や、あるいは皮膚にアトピーなどの疾患がある場合に、こうした血管の拡張が見られます。

手掌紅斑の検査と診断
手掌紅斑は視診で確認することができます。
紅斑部分と周辺部分の色調のコントラストなどが認められ、肝臓の病気の疑いがある場合にはそこから血液検査や、肝臓のエコー検査をして画像判断などを行って行きます。

手掌紅斑の治療方法
手掌紅斑の治療法は、まず最初に肝臓病専門医による血液検査と腹部超音波検査で肝臓の状態を把握します。
さらにB型やC型の肝炎ウイルスに感染していないかを調べ、もし感染していたら禁酒しなければいけません。
禁酒をしてプリン体含有量が多い食事を制限し、その代わりアルカリ性食品と水分を積極的に摂ることなどの生活習慣改善が治療には大切です。

手掌紅斑の初診に適した診療科目

手掌紅斑の専門外来

手掌紅斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ