胸骨圧迫キョウコツアッパク

胸骨圧迫はどんな病気?
胸骨圧迫とは、心臓の機能が停止した場合に胸のあたりを圧迫して血の循環を促す行為です。一般的には、心臓マッサージとして知られていて、年齢によって違った方法で行われています。8歳以上に行われている基本的な方法は胸骨のあたりに両肘をまっすぐにし圧迫を繰り返す方法です。1分間に100回程度の速さでテンポ良く行う必要があるとされています。


胸骨圧迫の症状
胸骨圧迫をする場面はよくあります。交通事故にあった人が倒れていて、意識を失っている場合はほとんどの時にやります。他には、病院で心停止などの症状の患者にします。それをする際に、胸骨が折れるときがありますが、胸骨が折れることはよくあることで気にする必要はありません。だから、今日骨が折れたとしても、そのまま圧迫をし続けましょう。

胸骨圧迫の原因
胸骨圧迫とは、蘇生術の一つです。心肺機能が低下していたり、停止している場合この方法を利用して心臓マッサージします。この方法で蘇生術を行うと、肋骨に非情に強い負荷がかかることが原因で、肋骨を骨折してしまう恐れがあります。ですが、この方法によって救われる命はあるのです。多少のリスクはありますが、この方法での蘇生術は、かなり有効な方法です。

胸骨圧迫の検査と診断
胸骨圧迫の検査方法について説明します。まず、患者が呼吸をしているかどうかを確かめます。そして、呼吸が止まっていることが確認できた場合に心停止した患者の胸の心臓あたりを両手で圧迫して血液の循環を促進します。その際、患者が動き出す、例えば嫌がるような素振りをする、または呼吸をしだすなどの行動が見られるまで続ける必要があります。

胸骨圧迫の治療方法
胸骨圧迫とは、一般的に心臓マッサージと言われる心肺蘇生のことで、心停止した人の心臓のあたりを両手で圧迫することにより、血液の循環を促すことです。突発的に心停止をした人に対し、医療資格のない一般人が救急車が来るまでのあいだに行なう、一時的な救命治療法です。心臓マッサージは、外科医が胸を切開し直接心臓を揉む方法もあります。

胸骨圧迫の初診に適した診療科目

胸骨圧迫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ