抑うつ神経症コウウツシンケイショウ

抑うつ神経症はどんな病気?
抑うつ神経症は抑うつ、悲哀、不安感情、制止症状の精神的な症状のほかに、不眠や食欲低下、性欲低下、知覚過敏などの身体症状もあり日内変動が認められる事が多いです。この状態像を呈する代表的な疾患に内因性うつ病や抑うつ神凝症があります。うつ病に似た症状でもありますが、明確なものでもなく名称もきちんと定まっていない病気なのです。


抑うつ神経症の症状
抑うつ神経症の主な症状は基本的に感情や考え方が全てにおいてネガティブになり、不安、恐怖、悲哀、抑うつといった感情が頭から離れなくなってしまいます。またこうした感情に身体が支配される事による体調不良、例えば不眠症や消化不良、下痢、頭痛、性欲減退といったものが二次的に発生します。また時として強い動悸が発生する場合もあり、自分が死ぬのではないかという錯覚に陥るケースも時としてあります。

抑うつ神経症の原因
抑うつ神経症は主に過剰なストレスが原因となって起こる病気です、ストレスの種類はイジメ、仕事のノルマに対するプレッシャー、身内の人が亡くなる、または重い病気になるといったものなどがあり、過剰なストレスがかかり続けた際に発症します。また人によれば心配性の人、気配りが効く人、完璧主義者がこの病気になる傾向が高く、ストレスを発散できず、ストレスを蓄積していく場合にも発症の確率があがる病気です。

抑うつ神経症の検査と診断
抑うつ神経症の検査方法としましては、医師の診断が主な検査の方法となっています。まずは、精神病的でないことが診断では重要になっています。また、通常のうつ病と違って、軽症であることも診断では大切な要因となっています。さらには、90%以上の確率で、他の神経症の症状が出ていることがありますので、このことも検査する場合に大切になっています。

抑うつ神経症の治療方法
抑うつ神経症の治療法は、一般的には抗鬱剤を利用することがもっとも効果的であるということで、あらゆる病院、精神科でこれらの処方が行われています。パキシルやトレドミンなどの抗鬱剤を積極的に投与し、またそれらの薬物がきちんとした効果を発揮しない場合には、量を調整するなどして、患者の状態を見ながら投与を強化していくことになります。

抑うつ神経症の初診に適した診療科目

抑うつ神経症の専門外来

抑うつ神経症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ