自閉症スペクトラム障害ジヘイショウスペクトラムショウガイ

自閉症スペクトラム障害はどんな病気?
広汎性発達障害のなかで自閉症やアスペルガー症候群に関係する障害を連続的にとらえた概念を自閉症スペクトラム障害といいます。自閉症に基づく対人関係やコミュニケーション、想像力の障害など症状や障害の特徴には相互的な類似性がみられ、そのなかに連続性があるのです。高機能自閉症、低機能自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害などが分類されています。


自閉症スペクトラム障害の症状
自閉症スペクトラム障害は、幼児の正常な社会的関係を成長させることができなかったり、言語の使用の仕方がおかしかったり、もしくは全く使用しなかったり、自虐的な行動を取ったりといった症状が見られます。知的にも遅れが発生する場合がほとんどですが、重度であったり軽度であったりと様々です。周囲とのコミュニケーションが苦手で、決められたルールに従うことができません。

自閉症スペクトラム障害の原因
自閉症スペクトラム障害の原因は、まだ研究がなされている段階ではあります。ただわかっていることは、かつては親の養育方法の問題や、心の病気を患っているからと言われてきましたが、決してそのような訳ではなく、複雑な遺伝的要素や生まれつき脳の機能が一部うまく働いていないことに起因するのでは、というように現在では解釈されています。

自閉症スペクトラム障害の検査と診断
自閉症スペクトラム障害の検査方法は、特有の症状が発現することによって診断されます。基本的には3歳ごろまでに特有の能力障害が出てくることで見分けます。しかし、この障害には自閉症のほか、アスペルガー症候群、レット症候群などが含まれるため、それぞれ検査に必要な項目も異なります。また、自閉症スペクトラム指数による自己診断も可能です。

自閉症スペクトラム障害の治療方法
患者が子どもの場合、自閉症スペクトラム障害の効果的な治療法は集中的な行動修正療法です。比較的知能が高いと予想される子供の場合は、社会的能力を伸ばす療育法を受けさせることが有効ですが、大切なのはそれぞれの患者に合わせたプログラムで進めていくことです。また、薬物療法で根本的に治すことはできませんが、自傷行為などを抑えることは可能です。

自閉症スペクトラム障害の初診に適した診療科目

自閉症スペクトラム障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ