多形紅斑タケイコウハン

多形紅斑はどんな病気?
多形紅斑はアレルギー反応によって起こる皮膚疾患で、薬物や感染症、もしくは病気に反応し起こるアレルギー反応の一種です。円形をした鮮紅色の紅斑が左右対称に無数出来るのが症状で、初期状態では発熱程度ですが、重症になれば紅斑の中央が水疱状になり、口内、目、鼻などの粘膜にも症状が伴うようになります。治療としてはステロイド軟膏を塗るのが基本です。


多形紅斑の症状
多形紅斑の症状の特徴は、円形の紅斑が多数出ることです。紅斑のふちの部分は、皮膚が盛り上がり赤い色をしています。そして、紅斑の中央部分は紫色になっています。かゆみを伴う場合もあります。紅斑は、両手両足に左右対称に出ることが多いです。しかし、重症になると紅斑が全身に広がります。そして、発熱や、口などの粘膜の欠損が起こるようになります。

多形紅斑の原因
多形紅斑を発症する原因となるものにはウイルス感染や細菌感染などが考えられるといわれ、それに対して現れる免疫アレルギー反応であるといわれています。感染症のせいで発症しているということがわかっている場合と、はっきりなにが悪さをしているのかわからない場合もあります。また何らかの治療に使用した薬剤の影響で発症してしまう場合もあります。

多形紅斑の検査と診断
多形紅斑の検査方法については、重症型のケースや、他の中毒性の表皮壊死融解症の可能性もある為に、皮膚の生検が必要になります。これは患者様の皮膚の一部を少し切除してその組織を調べる方法で、病理組織を詳しく検査するために、正確な診断結果を得る事ができます。この疾患では麻疹などのウイルス性の感染症と識別が困難になりますが、生検で組織を詳しく分析する事で正確な検査となります。

多形紅斑の治療方法
多形紅斑の治療法は、ステロイドの服用により実施します。中には自然に治る症例もあるものの、基本的にはステロイド薬を用いることによって治療を行います。また、口の中の炎症が強く症状として表れる場合には、点滴による投薬が有効です。さらに、治療にも関わらず何度も病状が再発するケースにおいては、抗ウイルス剤を使用して病気に対する治療を施します。

多形紅斑の初診に適した診療科目

多形紅斑の専門外来

関連部位から他の病名を探す

多形紅斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ