パーキンソン症候群パーキンソンショウコウグン

パーキンソン症候群はどんな病気?
パーキンソン症候群は、次にあげるものの中で二つ以上当てはまる場合には認められるものです。その症状とは、安静時振戦、無動(瞬目減少、仮面様顔貌、運動量などの減少、運動の緩慢さ)筋強剛、姿勢の保持反射のものになっています。文献などによっても少し違った供述がされている場合もあります。パーキンソン病症状を呈する疾患の総称になっています。


パーキンソン症候群の症状
パーキンソン症候群というのは、いわゆる神経性の症候群に分類されますので、そこに現れる症状も神経に関するものが中心となってくることは言うまでもありません。その病状がかなり進行しているのであれば、外見上は運動障害として確認できることが多いと言われています。例えば歩行などの日常的な動作が、スムーズに行えず、動作が不自然になってきます。

パーキンソン症候群の原因
パーキンソン症候群は、手の震えが止まらないなどの症状が出てしまう脳神経性の疾患です。しかしながら原因は確実に特定されておらず、そのため治療法も確立されているものがないのが実情なのです。対処療法として脳内の伝達物質であるドーパミンを大量に投与することで手の振るえなどが、一時的に改善することが報告されているぐらいなのです。

パーキンソン症候群の検査と診断
パーキンソン症候群とは一般的にパーキンソン病といわれている病気のことで、体が小刻みに震えることで知られている病気です。この病気の検査方法としては、医師による筋肉んお動き具合を見ることで診断します。この病気の特徴に、自分の意思に反して筋肉が小刻みに動くことが上げられこの動きを診断することでパーキンソン病であるかどうかを調べます。

パーキンソン症候群の治療方法
パーキンソン症候群の治療法は脳内のドーパミンを常に補充することが重要になります。治療を途中で中断してしまうと、脳内のドーパミンが急速に不足してしまうため、意識障害に陥ったり、高熱が出たりと非常に重篤な状態になる場合があります。この病気は長期治療になりますから、医師の指導を守り、処方通りの内服薬を長期服用しなければなりません。

パーキンソン症候群の初診に適した診療科目

パーキンソン症候群の専門外来

パーキンソン症候群の専門医

パーキンソン症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ