ミオパチー

ミオパチーはどんな病気?
ミオパチーは筋肉系統の疾患からくる筋力の低下が起こることであり、最も知名度が高い病気である筋ジストロフィーなどが該当しています。患ってしまうと有効的な治療ができないために少しでも症状を抑制するための方法でしか抗うことができませんでしたが、最近話題になっているIPS細胞による再生治療で治療できる可能性があるとされているので期待が高まっています。


ミオパチーの症状
ミオパチーという病気にかかると、筋肉の健康状態が悪化します。筋肉を思い通りに動かす事が出来なくなる症状が出ます。重いものを持つときに力が出なくなったり、倦怠感を感じるようになります。病気が進行すると最終的に筋力が大幅に低下して、日常生活を送る事が困難になります。普通に歩く事が困難になったり、立ち上がる事が出来なくなります。

ミオパチーの原因
ミオパチーとは、一般的に筋肉の疾患の総称です。病気の種類は多く、筋疾患の大半をしめる症状は筋肉が萎縮することによって起こる筋力の低下です。筋肉が萎縮してしまう原因は、主に二つあります。一つ目は、筋自体に問題がある場合です。二つ目は筋肉を動かす神経に問題がある場合です。特に有名な病名に筋ジストロジーというものがあります。

ミオパチーの検査と診断
ミオパチーの検査方法は、筋生検という検査をすることにより、わかります。しかし、この検査には、デメリットがあります。それは、筋肉のごくごく、一部ではありますが、採取をして検査機関で調べてもらう必要があります。また、検査結果がわかるのは、数ヵ月かかるので、検査をしたからすぐにわかるわけではないです。また、検査は、この方法のみです。

ミオパチーの治療方法
ミオパチーの治療法は、薬剤の投与などが試みられています。しかしながら、この病気は遺伝子に起因して発症するため、根本的な治療手段は現在においても確立されていません。筋疾患に関するメカニズムの解明と治療手段の開発が進められています。また、人工多能性幹細胞による再生医療が、将来この病気の治療に役立つものとして期待されています。

ミオパチーの初診に適した診療科目

ミオパチーの専門外来

ミオパチーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ