突発性発疹トッパツセイホッシン

突発性発疹はどんな病気?
突発性発疹とは、生後6か月ごろから2歳ごろまでの、ほぼすべての乳幼児が経験する病気です。主な症状として、なんの前触れもなく突然39度前後の発熱が2、3日続き、熱がさがるにつれて腹部などに赤い発疹がでます。季節を問わずに発生しますが、原因であるヒトヘルペスウイルス6型は感染力が強くないので、他人にうつることはありません。

突発性発疹の症状
突発性発疹の症状は、元気だった赤ちゃんが急に38~39度、時には40度近い高熱が出て、3~4日続きます。高熱の割には元気で、3~4日後には平熱か37度台くらいに熱が下がります。熱が下がるのとほぼ同時に、お腹や背中を中心に大きさのまちまちな赤い発疹が半日くらいで全身に広がります。発疹は、2~3日目立ちますが、徐々に薄くなって消えます。生後6~12カ月の赤ちゃんに多く、季節を問わず発症します。

突発性発疹の原因
突発性発疹の発症原因となるウイルスは、ヒトヘルペスウイルス6型、7型と呼ばれるものです。感染経路は、おもに経口感染、飛沫感染だといわれています。キスをしたり、同じスプーンを使ったりすることでウイルスに感染してしまうため、母親から赤ちゃんへうつることがとても多いと考えられます。一度感染すると生涯免疫ができますが、ウイルスは2種類あるため2回かかる人もいます。

突発性発疹の検査と診断
突発性発疹の検査方法は、結成抗体価測定となっています。これはHHV-6,7からlgG,lgMといったもので陽性であるか、それとも陰性であるかを診断さうるものです。また、陽性になってしまったり陰性という結果がでてしまったとしても、すでに感染していて抗体ができている場合もあるので、初期症状が現れているからといって必ずしも慌てる必要はありません。

突発性発疹の治療方法
突発性発疹の原因ウイルスである、ヒトヘルペスウイルス6型、7型には、特効薬のような治療法はありません。通常の発熱時と同じく、安静と十分な睡眠を心がけます。そして水分をまめに補給し、脱水状態にならないよう気を付けましょう。高熱で睡眠がとれないようなとき、つらそうなときには解熱剤を使いますが、薬を使用してしばらく時間が経つと再び熱はあがってきます。

突発性発疹の初診に適した診療科目

突発性発疹の専門外来

突発性発疹の専門医

突発性発疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ