成長痛セイチョウツウ

成長痛はどんな病気?
成長痛とは子供が成長する際に間接等に痛みを感じるもので、身長が伸びる際に骨も同時に成長するのでそれに伴う痛みです。多くは膝や、肘等の関節に症状が出やすく、数日から数週間痛みを感じる事も珍しくありません。小学生の中学年に一番多く症状が出ますが、中には高校生になってから症状が出る事もあります。はじめは冷えによるものと勘違いする事もあります。


成長痛の症状
成長痛の症状とは、体が最も成長する時期に骨と骨を結ぶ間接が痛みます。歩いたり運動をしている時でもズキズキと間接が痛みます。女性の場合は胸が膨らみはじめる時にも痛みを感じます。何かに当たったり走って胸が揺れたりすると痛みを感じます。そして男性の声変わりの時期には声を出した際に喉がズキズキと痛む事もあります。成長がある程度落ち着きますと次第に痛みは無くなります。

成長痛の原因
成長痛は成長期の児童に多く見られ、足の痛みが主な症状です。その原因は、骨と筋肉の成長するスピードの違いによるものです。通常、筋肉や骨が成長する際、徐々に伸びていくので痛みはありませんが、骨の成長するスピードが筋肉よりも早い時に痛みがでます。成長している骨についている筋肉が骨の成長するスピードに追いつけず急激に引っ張られてしまうのです。

成長痛の検査と診断
検査方法について、基本的にはX線やMRIを用いて該当の関節や部位を撮影することが一般的である。また、他の疾患の可能性(膠原病やリウマチ、痛風などの関節や骨の痛みを感じるような疾患)を探す目的で血液検査を実施することがある。他の疾患が考えられず、原因が不明な場合などに「成長痛」というように診断を下してしまうケースもある。

成長痛の治療方法
成長痛は多くの人が経験するもので、特に悪い原因が無い場合は治療はしませんし、特別な治療法もありません。ただ、場合によっては痛む場所を温めたり、鎮痛剤を服用したり、軟膏や湿布の使用をしたりします。ただ子どもなので一番大事になるのは精神的な部分で両親がしっかりと病気を理解した上で、子どものケアをしてあげる事が大事となってきます。

成長痛の初診に適した診療科目

成長痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ