食道炎・食道潰瘍ショクドウエン ショクドウカイヨウ

食道炎・食道潰瘍はどんな病気?
食道炎は食道の粘膜が炎症をおこし、肉眼的にびらんや潰瘍が見られる疾患です。胃の内容物が食道に逆流する胃食道逆流症が原因となることが最も多いとされています。胃食道逆流症は胃の内容物が食道に逆流し、食道の粘膜に炎症や潰瘍を引き起こすものです。胸やけや胃酸が昇ってくるような自覚症状があり、胃カメラ検査などで発見されることが多いです。食道炎は胃食道逆流症以外にも、感染症やアレルギー、刺激の強い化学物質の誤飲、内服薬が食道に留まってしまった場合、全身疾患に伴う場合などでも起こります。

また、食道に生じた潰瘍を食道潰瘍と呼びます。食道潰瘍は胃酸が食道に逆流することが原因となる逆流性食道炎が原因となる場合がほとんどですが、感染症に起因するものもあります。吐き気や嘔吐の際に血を吐く、食べたときの胸の痛みなどが症状として現れます。しかし胃カメラでは以上が見つからない状態で症状が起きることもあり、その場合、性胃食道逆流症と診断されます。

食道炎・食道潰瘍の症状
食道炎や食道潰瘍の症状で代表的なものが胸の痛み、胸やけ、食べ物を飲み込みにくいなどの嚥下障害、苦みや酸っぱみを感じる、げっぷなどが挙げられます。その他に声のかすれや咳、睡眠障害などの症状が現れることもあります。

初期症状は、食べたものがなかなか消化されないために胃が重く感じ、胸やけや胃もたれも起こります。病状が進行していき中~重症になると食べ物を飲み込む時にしみる感じや胸の痛みが起こったり、まれに吐血する場合もあります。

その他にも逆流性食道炎の特徴的な症状には食べたものが口の中に戻ってくるような感覚、のどや耳の奥の違和感なども挙げられます。自覚症状がまったくなく、定期検診などの内視鏡検査で食道炎が見つかるケースもあります。また、発症後すぐに重篤な症状になる食道炎として腐食性食道炎には注意が必要です。初期症状である胸やけや不快感などの異変を放置せずに早い段階で医療機関を受診することが重要です。

食道炎・食道潰瘍の原因
食道炎・食道潰瘍の原因は多岐にわたります。逆流性食道炎が最も多いとされ、食道と胃のつなぎ目にあたる部分の筋力低下が原因で起こることも多いです。この部分の筋力が弱くなると胃の中の内容物が逆流しやすくなり、食道の粘膜を刺激してしまうためです。内容物には胃酸も含まれており、刺激が強くなります。筋力低下以外には、肥満や妊娠によって胃が圧迫されることでも同様の症状が起きることがあります。

食道炎・食道潰瘍によって食道の粘膜にできるびらんとは、粘膜表面が欠損し、場合によっては出血をおこすものです。また、潰瘍は粘膜の欠損が下の層まで進み、陥没してしまった状態です。

食道炎には逆流性食道炎の他にも食道カンジタ症、ヘルペス食道炎、サイトメガロウイルス食道炎などの種類があります。その他、医薬品の服用時に水分摂取が足りなかったり、服用直後に横になってしまうことで食道内に医薬品が残ることで起こる薬剤性食道炎、洗剤や漂白剤など強い腐食薬剤を飲むことでおこる腐食性食道炎もあります。

食道炎・食道潰瘍の検査と診断
食道炎・食道潰瘍の検査には一般的に問診、内視鏡検査、生検検査などが行われます。問診では胸やけや飲み込みにくさなど自覚症状をヒアリングし、睡眠障害や声のかすれなど一見食道炎とは関りが無いと思われる症状についても細かく確認します。

続いて内視鏡検査では口や鼻から胃カメラを挿入し、食道の炎症の状態などを確認します。粘膜の色も重要で、白っぽくなっていたり赤、茶色などに変化している場合には炎症が疑われます。びらんや潰瘍についても併せて確認します。逆流性食道炎の特徴としては食道の下に縦方向に走るびらんや潰瘍が見つかることが多いとされています。

細菌やウイルスが原因の食道炎が疑われる場合には、粘膜の組織を採取して生検検査を行う場合もあります。好酸球性食道炎やカンジダ性食道炎の診断に有効な検査です。

また、必要に応じて胃酸の逆流の有無を調べられる食道内pHモニタリングを行う場合もあり、これは胃食道逆流症が疑われる場合に用いられることが多いです。

食道炎・食道潰瘍の治療方法
食道炎・食道潰瘍の治療は、原因に適した治療を行うことが重要です。例えば逆流性食道炎の場合なら、胃酸の分泌を抑える薬を服用し、ウイルス、真菌などが原因の食道炎なら抗ウイルス薬や抗真菌薬を併用します。薬剤性食道炎なら一旦薬の服用を中止し、粘膜保護剤を用いることが多いです。腐食性食道炎は進行が早く、重篤な症状に陥ることも多く、全身管理が必要になります。

これらすべてにおいて、薬物療法での改善が見られない場合には手術が選択されることがあります。

食道炎の治療には生活習慣の改善も治療の一環として欠かせないものです。禁酒、禁煙、食事方法、適度な運動など健康的で心身に負担がかからない生活が治療の効果を高めてくれるためです。中でも食事の食べ方は一度にたくさん食べないようにしたり、油の多い食べ物を避ける、酸度の高い食品を避けるなどの習慣を長期間続けることで薬を使用しなくていい状態になることが治療の目的です。これらの生活習慣の見直しは食道潰瘍の発生リスクを減らすことにもつながります。

食道炎・食道潰瘍の参考情報

食道炎・食道潰瘍の初診に適した診療科目

食道炎・食道潰瘍の専門医


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ