神経症シンケイショウ

神経症はどんな病気?
神経症についてです。この病気は精神用語で、主に、統合失語症わ躁鬱病などの病気よりも軽少であり、病因が器質なものによらない精神疾患のことを言います。また、軽き軽度のパニック障害の脅迫せい障害などが、そうです。なので、症状は、精神的なものを言います。また、精神的な安定をしていない状態もそうなので、精神が安定をしていない状態を言います。


神経症の症状
神経症は精神疾患の中で最も頻度が高く、現在も増え続けています。症状の中核は「不安」です。不安は精神・身体に現れ、動悸、呼吸困難、手足のしびれ、めまいなどが現れます。治療には精神療法が基本となり、特に支持的精神療法と抗不安薬を中心とした薬物療法でほとんどが軽くなります。他にも、行動療法や精神分析的精神療法、森田療法なども用いられる場合があります

神経症の原因
神経症の原因は、精神的内容にあるか、素質と精神的両方にあると考えられます。他にも、意識されない観念、つまり、無意識の中にある観念によるという考えもあります。どれをとっても共通していることは、心の中に問題が存在し、目には見えないということです。そのため、心因といってまとめることが妥当であり、心因、心的構造説が一般化されています。

神経症の検査と診断
神経症の検査方法は、今日、まず基本的な内科的診断と併せ、簡単なセルフチェックシートに患者さん本人に思い当たる症状に丸をつけてもらう方法の実践があります。体重減少、全身倦怠感、息苦しさ、喉や胸がつかえる感じがするかなどの身体症状からのチェックに続いて、不安感、強迫観念、外出が億劫など精神症状をチェックします。近年では病気の原因ではなく症状によって診断する、このような記述的診断が主流になっています。

神経症の治療方法
神経症に効果的な治療法には森田療法があります。患者さんの性格に基づいてあるがままという受容の仕方を覚えさせ、この自己受容によって不安や症状を排除する計らいをやめ、そのままにしておく態度を養う心を育みながら症状と上手に付き合っていくことを目的とするものです。そのため不安や症状を抱えつつも今できることやなすべきことを患者さんなりに探したり実践していく、生き方のレッスンとも言えます。

神経症の初診に適した診療科目

神経症の専門外来

神経症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ