自閉症ジヘイショウ

自閉症はどんな病気?
自閉症とは、生まれつき発達障害を起こして能が上手く機能しなくなった先天的な症状です。後天的に起こり得る事はあり得ません。特徴としては、対人的コミュニケーション能力が乏しいこと。また、自分の興味があるモノへ執着する、こだわりが強いことが挙げられますが、どちらも個人差があります。なお、このような特徴が顕著に現れる三歳頃から、症状の診断が可能になります。


自閉症の症状
自閉症は脳の障害で起こります。一見は健常者と変わりません。しかし人とのコミュニケーションが上手く出来ない事が多いです。そして物を置く場所等に強い拘りを持ったり、喜怒哀楽が激しく感情のコントロールが出来ない時があります。気に入らない事があれば所構わず奇声をあげて怒り出す時もあります。人と目を合わせな勝ったり、笑顔が無い等の症状もあります。

自閉症の原因
自閉症というのは、それほど珍しい病気ではありませんが、具体的にどのような原因によってそれが発症するのかということは、ほとんど明らかになっていません。現代においては、先天性の脳の機能障害であろうということは推定されていますが、ではそれがどのようなメカニズムによって生じるのかといった、詳細なことについてはほとんどわかっていません。

自閉症の検査と診断
専門の医療機関で行う自閉症の検査方法はいろいろあります。言語の検査・行動の検査・発達の検査・絵の検査などです。言語ではコミュニケーション力や語彙を行動では社会性を検査します。発達や絵の検査には本人の内面的な分野を調べる目的があります。また、自閉度をはかるための参考にAQ検査を実施することもあります。器質的な検査では、脳の状態などを磁気を使って撮影するMRIなどがあります。

自閉症の治療方法
自閉症の治療法としては早期発見と適切な早期療育が大切である。療育の目標としては、自閉性障害の改善、年齢に応じた適応行動の獲得、行動の異常の予防があげられる。教育的方法としては、言語療法や認知発達治療、行動療法、社会生活技能訓練、TEACCHプログラムなどがある。行動面の問題に対しては標的症状を定めて薬物療法を行うこともある。

自閉症の初診に適した診療科目

自閉症の専門医

関連部位から他の病名を探す

自閉症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ