悪性腫瘍アクセイシュヨウ

悪性腫瘍はどんな病気?
人の体には時に悪性腫瘍が出来ます。皮膚の表面にも現れますが、殆どが目に見えない体内に発生します。これは良性と悪性に分けられており、悪性の場合は癌と言う事になります。良性の腫瘍を長年放置していても悪性に変化する事もあります。まず目に見えない部分に発生するものなので、定期的な検査が重要になってきます。癌と言う病は早期発見が重要なのです。

悪性腫瘍の症状
悪性腫瘍には、身体にできたできものや腫れを目視や触診で自分でもわかるような、何らかの塊を形成する乳がんや甲状腺がんなどと、腫瘍ができたことによって血管の組織がもろくなり、出血しやすい状態になるものがあります。大腸がんなら下痢や便秘を繰り返したり、肝臓や膵臓のがんなら黄疸がでたり、肺がんなら血痰が、子宮がんなら不正出血や極度の貧血などの症状があらわれます。

悪性腫瘍の原因
悪性腫瘍の原因は、腫瘍ができる部位によって変わってきます。肺であればタバコですし、消化器系であれば不規則な食生活や塩分が多い食事などが主な因子となってくることが大規模調査で解明されているのです。また女性器の主要の場合は、ウイルスが関係していることが最近分かってきたので、防止するために抗ウイルスワクチンを打つことで予防できるのです。

悪性腫瘍の検査と診断
悪性腫瘍の検査方法は血液検査でほぼ検査することができます。しかし、この方法で特定される腫瘍マーカーはかなり腫瘍が大きくならないと出てこないものもあり早期発見を望まれる方は、血液検査ではなくMRIやCTなどを用いた検査を受けてみることをお勧めいたします。医療機器を用いた画像診断であればかなり早期の状態で腫瘍を発見できるはずです。

悪性腫瘍の治療方法
悪性腫瘍の治療法は、一般的には複数の選択肢があるとされています。外科的には、手術を行って患部を切り取るということが行われています。また化学療法では抗癌剤の投与によってがん細胞の増殖を防ごうという試みがなされていて、放射線療法では放射線によりがん細胞を死滅させるというものです。そして免疫療法では、体内にがん細胞への免疫をつくってそれによって自然に回復できるようにする試みなされています。

悪性腫瘍の初診に適した診療科目

悪性腫瘍の専門外来

悪性腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ