肝嚢胞カンノウホウ

肝嚢胞はどんな病気?
肝臓の中に液体のたまった袋ができる病気を肝嚢胞といいます。無症状で多くは先天性の単純性嚢胞で腹部超音波検査で発見されます。稀に腫瘍性や外傷性などの嚢胞もあります。ほとんどの場合、定期的に検査をするだけで特に治療を必要としませんが圧迫症状が強い場合は針を刺し内用液を吸引し、腫瘍性、炎症性などの場合はより詳しい検査を行い原因に応じた治療をします。


肝嚢胞の症状
様々な肝臓の症例がありますが、その中でも肝臓の痛みは一般的に人は敏感です、非常に痛みが強くわかりやすいです。しかし肝嚢胞の症状に関しては特徴的です。腹部に膨満感を感じてお腹が苦しい感じがする事と血が滲んだりすることが主な判断できる事です。ほかには強烈な痛みなどがない場合が多いため一般的に気づきにくいという事が特徴です。

肝嚢胞の原因
肝嚢胞の原因は、先天性による異常であるとされています。これらの異常は一定の確率で現れてくるものであり、異常があったからとってすぐに病気になるというわけでもありません。体内において先天性の異常があっても、それでこの病気になるとは限らないのです。さらに言えば、これらの病気になってしまったとしても、必ずしも悪化するわけではない、という特徴があります。

肝嚢胞の検査と診断
肝嚢胞の検査方法は、一般的には超音波エコー検査によって判明します。腹部にエコーを当てることによって、その結果内部おいて何らかの小さなものが見つかることがあるのです。もうひとつは血液検査によるもので、血液のなかに抗体とみられる物質が混じっていることがあって、そうした場合にも病気を疑うことができます。いずれにしても、一番確実なのはMRIなどで行うCTでしょう。

肝嚢胞の治療方法
初期状態なら肝臓に細い針を刺して、肝臓に溜まった液体を取り除くだけで肝嚢胞を治すことが出来ます。抗生物質を使うことで、嚢胞壁の細胞を取り除いて治療する事が可能です。感染症を起こしている時は、内視鏡手術を行なって肝臓の一部を切除する治療法で完治することができます。症状が進んで肝臓が破裂してる場合は、肝臓を全て摘出することになります。

肝嚢胞の初診に適した診療科目

肝嚢胞の専門外来

肝嚢胞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ