癒着性中耳炎ユチャクセイチュウジエン

鼓膜がへこんで中耳の壁にくっついてしまう病気で、慢性中耳炎全体の約10%と、さほど多い病気ではありません。 症状としては、鼓膜に動きがなくなってるので、音が聞こえにくい。 炎症がなんらかの形で中耳の中にあるので、慢性中耳炎のように耳漏(みみだれ)人によっては小穿孔(穴)肉芽などがあるなどです。 ただし、癒着性中耳炎は片側だけに起こることが多いので、両方の耳が聞こえなくなってしまうことは、ほとんどありません。また、耳だれや痛みなどの症状はあまりありません。 治療としては、鼓膜をはがして、きちんと張り替える「鼓膜形成術」を行います。また、耳小骨が破壊されている場合は、「鼓室形成術」も必要です。これらの手術により、聴力はかなり回復します。

癒着性中耳炎の初診に適した診療科目

癒着性中耳炎の専門外来

癒着性中耳炎の専門医

癒着性中耳炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ