月経異常ゲッケイイジョウ

月経異常はどんな病気?
月経周期の長さや出血持続時間、出血量などが、正常な月経の範囲ではない状態を言います。


月経異常の症状
月経異常は、症状によって大きく3つにわけられます。 1つは、月経周期、期間、出血量の異常です。 2つめはイライラやむくみ、乳房痛、頭痛、ひどい月経痛や吐き気、便秘、腰痛などの症状がみられる、月経にともなう障害です。 これらの症状のうちいくつかは、子宮筋腫や子宮内膜症にもみられ、また卵巣や子宮の器質的疾患や障害により起こりますが、ほとんどがホルモンのアンバランスが原因です。 そして、3つめは思春期になっても初経がない場合や、定期的にあった月経が突然なくなった場合などです。満16歳を超えても初経がなければ、生殖器官においてなにかしらの障害があると考えられるので、産婦人科の受診が必要です。

月経異常の初診に適した診療科目

月経異常の専門外来

月経異常の専門医

月経異常に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ