弁膜症ベンマクショウ

心臓にある弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「弁膜症」といいます。 弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なために血液が逆流してしまう「閉鎖不全」があります。 4つの弁のうち、「大動脈弁」と「僧帽弁」に多く起こる疾患です。 動悸や息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難などの症状が出てきます。 弁膜症は、はじめは弁という一部分の病気ですが、進行すると心筋(心臓を動かしている筋肉)という心臓全体の病気になります。そのような状態になると、いくら一部分である弁を取り換えても心筋の障害は回復せず、心臓は元通りに働くことができなくなります。 また、症状はじわじわと進行していくので、体のほうが慣れてしまい、自覚症状がない場合もあります。 弁膜症は自然に治ることはないので、心筋の障害が進行する前に治療をすることが非常に大切です。

弁膜症の初診に適した診療科目

弁膜症の専門医

弁膜症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ